大学中退者が正社員就職のために求人を探す方法

大学中退 就職

大学中退、求人情報を探す方法

投稿日:

大学中退者が正社員就職のために求人を探す方法

大学中退後、求人情報を探す方法

大学中退後(大学中退を決めた後)、就職について考える方が多いと思います。

実際に求人情報を探す際、どういったサイト、サービスを利用すると大学中退者向け求人を見つけやすいでしょうか。

すぐに思いつくのが、やはり求人サイトではないでしょうか。
未経験OKの正社員求人も多数掲載されています。

大学中退者が就活に利用できる就職サイト、就職支援サービスはたくさんあります。

ここでは、大学中退者が求人情報を探す際に活用出来る求人サイト、就職サイトなどをご紹介しています。

自分に合った就活方法を選ぶことで、より成功率の高い就職活動が出来るでしょう。

求人サイト

求人サイトを活用して大学中退者向け正社員求人をお探しになる方は多いと思います。

スマホからすぐに調べる事が出来て手軽ですよね。

アルバイトが終わってから、休憩時間に、などいつでも調べる事が出来るといっても良いでしょう。

検索機能も充実しており、

  • 住んでいる地域
  • 年齢
  • 職種
  • フリーター歓迎
  • 社会人未経験OK

といったような条件でも探せるような求人サイトも多いです。

自分の条件で応募出来る求人を探しやすいので、就職活動に利用しやすいと言えますね。

ただし公開されている求人のため、好条件の求人ほど多数の応募者が集まる可能性があります。

  • 第二新卒
  • 経験者で転職希望者
  • 既卒

時期、場合によっては新卒者が応募しているケースもあります。

もし即戦力となる転職希望者が同時に応募していた場合、大学中退やフリーター・ニートは不採用になる可能性が高いです。

中途採用を目指しての就活では、大学中退者は不利になる可能性がありますので、しっかりとした準備、面接対策が欠かせません

志望動機も重要ですね。

すぐに求人を探せる、多くの求人を比較しやすいなどメリットも多いですが、不採用が続くとモチベーションを維持しにくいデメリットなども、求人サイトの活用にはあると言えます。

求人サイトを利用して正社員求人を探す際には、

「未経験歓迎」

「フリーター、大学中退者OK」

「社会人未経験OK」

といった記載のある求人が大学中退者には狙い目の求人といえます。

大学中退から内定を得るために

大学中退・既卒・フリーター・ニート向け就職エージェント

大学中退者を含め、既卒、フリーター・ニートといった人の就職支援サービスを行う就職エージェントがあります。

求職者に合わせて求人紹介を行ってくれますし、内定獲得まで手厚くサポートをしてもらう事が出来ますから大学中退した方へは非常にオススメです。

大学中退後、ブランク期間が長くても20代であれば十分に正社員就職は可能です。

多くの就職エージェントは18歳~29歳をサポート対象としていますが、中にはDYM就職のように35歳までのフリーター・ニートの方を就職支援しているエージェントもあります。

大学中退者おすすめ 就職エージェント

  • DYM就職
  • ジェイック
  • ハタラクティブ
  • 就職shop
  • ウズキャリ

など多数の就職エージェントがあります。

⇒ 大学中退向け求人サイト

こうした若年者で職歴なし・未経験からの正社員就職支援を行うエージェントは増えており、選択肢も多様になってきています。

それぞれに得意な業界・職種などもあります。

販売・サービスに特化した就職支援サービス、アパレル業界に特化した就職支援サービスなどありますので、もし希望の職種に特化した就職支援があれば、活用してみてはと思います。

就職エージェントを利用するメリット・デメリット

就職エージェントを利用するメリットは、

  • 応募書類の添削
  • 大学中退者向け求人の紹介
  • 企業研究のための情報提供
  • 日程調整
  • 面接対策
  • 就職後のサポート、相談

など多いです。

一人で就職活動をするよりも、内定率は高くなる事は間違いありません。

デメリットとしては、求人サイトよりも扱う求人数が少ない事、エージェントによって合う・合わないがある、といったことなどでしょうか。

こうした就職エージェントでは、企業へ必ず足を運び取材をするのが基本です。
その分、紹介できる企業には限りがあります。

しかし企業事の情報量は求人サイトと比べて遙かに多くなります。

それを考えると、大学中退者が内定を獲得するためには行動量も重要ですから、

  • 求人サイト
  • 就職エージェント

どちらも活用して就職先探しをする方法もオススメです。

実際、就職エージェントに登録をされる方の中にも、併用して就活をする方も多いそうです。

併用していることをエージェントに伝えれば、独自の選考・面接も考慮して、日程調整を行ってくれます。

ハローワーク

ハローワークは就職活動の鉄板の方法といえるでしょう。

特に地方に住んでいる求職者の方にとっては、ハローワークがメインの求人情報源になる事も少なくありませんよね。

求人サイトに掲載されている求人の多くは都市部の企業からのものです。

大学中退者を含めフリーター・ニートの就職支援を行う就職エージェントにしても同様で、都市部が扱う求人の中心となります。

ハローワークには地元企業の求人が、掲載は無料という事もあり多数掲載されています。

就職相談員もいますから、就職活動の進め方の相談、求人紹介もしてもらう事が出来ます。

ただし、長時間サポートをしてもらえる訳ではありませんので不満に思う方も多いようです。

履歴書などの書き方を学ぶ就職支援セミナーなどもあります。

トライアル雇用の求人を探すなど、利用方法によっては就活に役立つのがハローワークといえます。

注意点としては、掲載無料、期間も定め無しのためにカラ求人であったり、ブラック企業といえるようなところもある可能性です。

また求人情報から得られる情報が少ないので、応募を検討しにくい面もあります。

新聞の求人欄

新聞を取っている場合(実家暮らしだと大体、新聞を取っていると思います)、新聞に掲載されている求人欄からも探せますし、折り込みで求人広告が入っている場合もあります。

地元企業からの求人がメインとなりますので、こうした求人情報を活用する方法もあります。

新聞の求人欄、求人広告を利用する企業は地元の中小企業が多いです。
ネットを介しての求人サイトなどには採用情報を出していない企業も多いことが特徴です。

求人サイトには非常に多くの求人が掲載されていますが、掲載していない企業も本当に多いです。

特に地方にお住まいの方の場合、求人サイトを利用しても地元の正社員求人の情報が少ない事は多いと思います。

その場合、こうした新聞の求人欄の活用、地域に根ざした求人サイト探してみると良いかもしれません。

企業の採用ページ、直接問い合わせ

今では多くの企業が自社サイトを公開し、採用ページを掲載しています。

中途採用に関しての情報は採用ページで随時更新、といった事もあります。

また意外と効果があるのは、企業へ直接「採用があるかどうか」問い合わせる方法です。

中小企業の場合、実は採用ページを更新していないけれど、採用の予定があるケースは少なくありません。

ホームページ担当者がいない事もあるんです。
作成は外注して、更新に手が回らないケースもあります。

中小企業の場合には特にその傾向があり、問い合わせしてみたら中途採用を行っていたといったことも。

良い人材いたら1人くらい採用したいな、と漠然と経営者が考えていた、といった可能性もあります。

働きたいと思える企業、興味のある企業があるのでしたら、ダメ元で直接企業に採用の問い合わせをしてみても良いかもしれません。

大学中退、求人情報を探す方法 まとめ

大学中退者が正社員として就職するために求人情報を探す方法をご紹介いたしました。

大学中退後、就職するには行動量も重要です。

不利になる事が多い大学中退者の就活では、ある程度の企業を並行して選考を進める必要があります。

1社応募して、不採用だったら次の会社に応募して・・・とやっていては、1年など期間がかかっても就職先が決まらないかもしれません。

短期間で就職先が決まる可能性が高いのは、就職エージェントの活用です。

最短で1週間もかからないで内定が出る、といった事もあります。

全ての方が短期間で内定獲得に至るわけではありませんが、出来るだけ早く就職したい事情のある方。

特に28歳、29歳のフリーター・ニートといった方は30歳前に就職したい気持ちも強い方が多いと思います。

そうした場合の就職相談にも就職エージェントはおすすめです。

⇒ 大学中退向け求人サイト

-大学中退 就職
-,

Copyright© 大学中退おすすめ求人サイト , 2018 All Rights Reserved.