就職活動の疑問

大学中退 就職

大学中退者が内定をもらった後、入社時期について

投稿日:

大学中退者が内定後、就職の時期

大学中退者が内定後、就職、入社する時期

大学中退後、就職活動を頑張った結果として内定を獲得!
した場合には、大学中退者の入社時期はいつになるのでしょうか?

新卒者が内定を得て入社をするのは4月の新年度です。

実際に就職して働き始める時期を知る事は大切ですよね。

大学中退後、フリーターとして生計を立てている場合にはアルバイトを辞める事を職場に伝える時期も関わってきます。

アルバイトですから辞める際にトラブルになる事は少ないとは思いますが、短期間で内定獲得~入社といった流れの場合には、

なかなかアルバイトを辞められなくて入社時期をずらしてもらう

といったようなトラブルになる可能性は否定できません。

アルバイト先には就職活動を始めたら、就活について伝えておくことは大切ですね。
大抵は、シフト困ったな・・・と困りつつも応援してくれると思います。

今は外食産業を代表としてアルバイトも人手不足の状況に突入していますので、急にバイトに辞められたら店が営業出来ない!
かといって人も急に採用できない・・・といった可能性もあります。

アルバイトであっても円満退職を目指すことが大切です。

大学中退者が内定をもらった後、いつ頃に入社するか時期を知る事も就職活動では大切になりますね。

中途採用で一般的な入社時期は

中途採用で一般的な入社時期は、現職として仕事をしている転職者の場合で1ヶ月~1ヶ月半くらい待ってもらえる場合が多いです。

フリーターの方の場合には内定をもらってから、2週間前後で入社し、働き始めるケースが多いです。

就職先となる企業の都合に合わせ、1ヶ月程度かかることもあります。

中途採用者の入社日は毎月1日にしている、といったような企業もあります。

また欠員募集の場合にはすぐに入社して働いて欲しい、といったケースもあるため面接の際に確認はした方が良いかもしれません。

内定後の入社日について質問をするのは、特に失礼にはあたらないでしょう。

入社日に関しては企業によっては柔軟に対応してもらえる可能性がありますから、もし事情があって少し期間が欲しい場合などは、素直に人事の方に相談されることをオススメします。

入社日の調整をしたい場合、就職エージェントを利用していればエージェント経由で調整してもらえますから気持ち的には楽かも知れませんね。

内定通知への返事

ちなみに、内定通知を頂いた後の入社の意思表示ですが、通常は2,3日以内には伝えるようにします。

それ以上になると、入社する意思がない、と思われる可能性があります。

企業側も他に応募者がいる場合には内定通知を新たに出したり、採用活動を再始動するなど対応が必要になりますから、入社意思はあまり長く待たせるべきではないといえます。

他の企業の結果が出るまで入社は待ってください、は大丈夫?

ちなみに、大学中退後の就職活動ですが、並行して複数の企業に応募している方が多いと思います。

もしかすると、実は先に本命ではない企業からの内定が出て・・・入社の意思決定を少し待って欲しい、ということがあるかもしれません。

しかし、ここで、

他の会社の合否が出るまで待って欲しい

というのは非常識です。

他に応募者がいる場合には、その方に内定がうつる可能性が非常に高いです。
当然、本命として応募してる人に入社して欲しいということもありますよね。

あなたに特別なスキル、経験があって、待ってでも入社して欲しい!といった人材であれば入社を待ってもらえる可能性はありますが、キャリアのある転職希望者でもそうした事は滅多に無いと思って良いでしょう。

ですから、大学中退者がそうした「入社を待って欲しい」というのはまず無いと考えて良いかと思います。

大学中退 就職活動の時期について

大学中退後は中途採用を狙っての就職活動となります。

中途採用は、一年を通して求人がありますから大学中退者の就職活動の時期は、いつでもスタートすることが出来ます。

しかし、大学中退理後の就職活動に関して言えば、就活スタート時期は中退後、早ければ早い方が良いです。

ただ、求人が増える時期を待ちたいという気持ちもあるかもしれませんね。

年明けの1月から正社員求人が増え、2月、3月に求人数がピークとなるのが例年の転職市場の動きとなっています。

2,3ヶ月くらい待てば求人数が増える時期。
より多くの企業からの求人を探して、少しでも希望条件に近い仕事が出来る会社を探したい、といったことであれば待ってみても良いかもしれません。

ただ、大学中退からのブランク期間が空けば空くほど、ブランク期間についての質問が深く突っ込まれる可能性が高くなりますから、就職は不利となります。

大学中退後、就職をすることを考えた場合にはあまりブランク期間は空けない方が良い、ということがいえますね。

大学中退後 ブランク期間が長いと就職は不利!

大学中退後、フリーターやニート期間などブランク期間が長くなると面接で、

大学中退してからのブランク期間、何をしていたのですか?

という質問が増える事になります。

大学中退理由も重要ですが、ブランク期間への質問への答え方も重要です。

「特に何も・・・」

といったような答え方では意欲の無いやる気の無さしか伝わりません。

こうした受け答えは避けることが必要です。

でも、特にこれといって目的があってブランク期間を過ごしたフリーターやニートの方は少ないでしょう。

だからこそ、面接で困る質問となります。

嘘を答えたり、話を盛りすぎてしまうのも避けた方が良いですが、

「アルバイトをしながらやりたい仕事を探していた」

「資格取得を目指して勉強していた」

といったような内容にはされたほうが良いでしょう。

資格取得の話を出す場合には、応募先企業に関連した資格名を出す事が鉄則ですし、もし入社したら資格取得できたかも聞かれますから、本当に勉強することが大切となります。

ブランク期間が長くなればなるほど、答えの内容に悩む大学中退フリーター、といった方は多くなるのではないでしょうか。

そうした事もあり、大学中退後は正社員就職を考えるのであれば中退してから早い時期の就職活動スタートが有利といえます。

大学中退、就職は大学中退者向け就職サイトの活用を

大学中退後者の就職活動では、注意すべきポイントがたくさんあります。
また、一人では対策が難しいものも多いです。

面接対策などはその代表的なものではないでしょうか。

大学中退者の方の中には、

「やりたい仕事が見つけられなくて、就職したいけれど就職活動が全然進まない・・・」

「応募したい会社が見つけられない」

といった方もいるかもしれません。

⇒ 大学中退向け求人サイト

でご紹介してるのは、正社員として就職を希望する方に専任の担当者が付いて、内定獲得、入社までサポートをしてくれる就職支援サイトとなります。

大学中退後、フリーターやニート生活が長い方も多く利用して正社員就職に成功している実績があります。

コンサルタントとのカウンセリングを通して、向いている仕事、やりたい仕事を探していくことも可能です。

一人で就活に悩んで進まないのは、時間がもったいないといえると思いますので就職支援サイトを活用しての仕事探しも、検討してみてはと思います。

模擬面接などサポートがあるのはとても心強いと思いますし、職場の詳しい情報を得られますからブラック企業を避けて就職先を探しやすいこともメリットと言えます。

-大学中退 就職
-,

Copyright© 大学中退おすすめ求人サイト , 2018 All Rights Reserved.