大学中退 就職

大学中退者 年収、給料は低い?

投稿日:

大学中退 中途採用の年収、給料

大学中退者が中途採用された場合、「年収や給料はどの程度、大卒者と比べて低いの?」と思っている方も多いと思います。

大学中退者 年収、給料は低いのでしょうか。

大学中退者の多くの方は、最終学歴は「高卒」になるでしょうから、高卒の初任給で月収を考えていくことになります。

中退してから年数が経っていて、例え20代後半だったとしても職歴なし未経験の場合には、初任給とほぼ代わらない月給で働き始める可能性があります。

とはいえ、企業によって初任給、年齢への考慮などは違いますから、具体的には応募する企業に確認をすることが必要となります。

ここでは、一般的に言われる大学中退者と大学卒業者の年収を比較してみましたので、参考にしてみてくださいね。

大卒、大学中退者 学歴による給料差はある

学歴によって、給料差はあります。

求人サイトを利用して、色々な業界・業種の求人情報を調べることが出来ますが、

  • 大学卒     : 月給200,000円
  • 短大・専門学卒 : 月給170,000円
  • 高卒      : 月給150,000円

といったように学歴別に初任給が掲載されていると思います。

こうした給与、待遇を見ると学歴の差は大きいと感じますね。

学歴別にみた初任給

ちなみに、初任給に関しての調査は厚生労働省でも行われています。

抜き出しますと、

【男女計】

大学院修士課程修了 : 233,400円
大学卒       : 206,100円
高専・短大卒   : 179,200円
高校卒       : 162,100円

となっています。

参考URL:平成29年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給

この初任給平均額を見ると、大卒者と大学中退者(高校卒)では44,000円の給与差があります。

学歴別の平均月収

さらに厚生労働省の賃金構造基本統計調査では、学歴別の平均月収も見ることが出来ます。

平成29年の厚生労働省の調査によると、

【大学・大学院卒】
・男性397,700円
・女性291,500円

【高専・短大卒】
・男性311,000円
・女性254,800円

【高卒】
・男性290,700円
・女性210,900円

となっています。

参考URL:平成29年賃金構造基本統計調査 結果の概況:学歴別にみた賃金
(pdfファイルが開きます)

こうしてみると、

大卒者、高卒者と大体10万円ほど、給与差があることが分かります。

年収で約120万円ほど差がつくということになります。

あくまで平均ですから、勤務する企業によってはここまで給与差が開かないかもしれませんし、さらに大きな給与差になる可能性もあります。

職業にもよりますね。

営業職でインセンティブを稼げるのでしたら給与が逆転することも十分に考えられます。

大卒・高卒、学歴別の生涯賃金

さらに学歴別の生涯賃金についても見てみましょう。

資料を探してみると、ユースフル労働統計の2018年度の資料に生涯賃金のデータが掲載されています。

以下は退職金を含めない生涯賃金(2016年)となります。

いずれも約の金額となりますので、詳しい生涯賃金に関しては参考資料をご覧になってみてください。

【大学・大学院卒】
・男性2億7000万円
・女性2億1500万円

【高専・短大卒】
・男性2億1300万円
・女性1億7600万円

【高卒】
・男性2億1000万円
・女性1億4800万円

【中卒】
・男性1億9600万円
・女性1億4000万円

参考URL:ユースフル労働統計 2018 労働統計加工指標集:21 生涯賃金など生涯に関する指標
(pdfファイルが開きます)

中卒者(高校中退)の生涯賃金まで統計として掲載されています。

大学卒と高卒の生涯賃金を比較してみると、

男性は約6000万円の差。

女性は約6700億円の差となります。

こうした各種、賃金データから見てみても大卒者と大学中退(高卒)者では差があることはハッキリしています。

大学中退後、フリーター期間が長くなると稼げる金額が少なくなります。
フリーターの年収は150万円前後といった方が多いと思いますからね。

特にニート期間がある方は、その間は無職、無収入です。

ニートの将来は詰む、とよくいわれますが生涯賃金を少しでも高くするためには早く正社員就職をするしかない、といえます。

大学中退の生涯賃金が低いのは、業種・職種が限られるため

大学中退者の生涯賃金が低い理由として考えられることの一つとして、就職しやすい職種が平均年収が低めの仕事が多い、といったことも挙げられるでしょう。

学歴不問、職歴なしフリーター・ニート期間のある大学中退者が就職しやすい仕事として、

・ITエンジニア
・販売・サービス
・事務

などがあります。

ITエンジニアもプログラマーなどは日本人の平均年収よりは若干少ない平均年収となっています。
年収420万円前後といったところです。

他にも営業職なども大学中退者が就職しやすい職種ですし平均年収が高いですが、向き不向きもあるので営業だけは嫌だ、という方も多いのではないでしょうか。

販売・接客・サービスの仕事は求人も多く、高卒でも就職しやすいですが休みも不規則、給与も低いことから離職率も高くなっています。

まずは正社員就職してキャリアをスタート

生涯賃金には大卒、大学中退(高卒)では大きな賃金差があることなどを見てきました。

初任給こそ低くても、経験を積み将来的には転職によって年収アップを狙う事は十分可能です。

正社員として就職して、キャリアをスタートさせることが大切です。

ずっとフリーターやニートでいると、大学中退者は空白期間が長くなるとともに就職が難しくなっていってしまいます。

そのためには、将来も需要のある職種で仕事に就くことが重要となります。

こうした大学中退 就職サイトを利用すれば、大学中退フリーター・ニートの方であっても優良企業に就職できる可能性があります。

大手企業のグループ会社などからの求人の紹介を受けられることもあります。

こうした優良企業の中には、待遇が良く大卒並みの給与、福利厚生など働きやすい会社もあります。

まずは正社員就職を目指して情報収集から始めてみてはいかがでしょうか。

優良企業の求人は早めに応募が埋まることが多いので、早い時期に就活をスタートして情報集めをすることがおすすめです。

⇒ 大学中退 就職サイト

-大学中退 就職
-

Copyright© 大学中退おすすめ就職サイト , 2019 All Rights Reserved.