大学中退 中退理由は面接でどう答える?

大学中退 就職

大学中退 中退理由の答え方

投稿日:

大学中退 中退理由は面接でどう答えたら良い?

大学中退者 面接での大学中退理由の答え方

大学中退後、フリーターやニート生活からの正社員就職を目指す方も多いと思いますし、大学中退して直後にすぐ就職活動をスタートする方も多いと思います。

大学中退者が就活で最も重要な場面が、面接です。

面接では様々な事が質問されますが、その中でも最も重要といえるのが「大学中退理由」の内容、そして答え方です。

「なぜ、大学を中退したのですか?」

大学中退理由についての質問、そして中退理由を答える時が面接で最も緊張する場面かもしれませんね。

大学理由の答え方で採用、不採用に大きな影響があります。

質問への受け答えの仕方次第ではさらに突っ込まれてしまい、上手く答えられずに沈黙してしまう・・・と言ったことは面接では避けたいもの。

大学中退理由についての質問は確実にされます。

しっかりと、答え方について準備をしておきましょう!

「中退理由」は大学中退者が確実に面接で聞かれる質問の一つ

大学中退者があまり質問されたくない事、それは面接官が知りたい事でもあります。

ですから、大学中退理由は確実に質問されます。

面接対策はやり過ぎて困る、ということは無いのですが大学中退者やフリーター・ニートの方はポイントがあります。

それは、

一人で面接対策をしないこと

です。

就職活動では中途採用を目指す事になりますが、不利になる事が多いです。
そのため、少しでも成功率を上げる必要がありますが、面接対策はとても重要です。

ネットで大学中退者は面接でどんな質問をされるか、という事も情報収集が出来ます。

質問項目については情報収集が出来るかもしれませんが、その質問に対して、

「自分がどんな答え方、話し方」

をしているかは第三者にチェックしてもらう事が欠かせません。

頭の中だけで面接対策をしていても、実際の面接では上手く話せない事が多いんです。

イメージトレーニングでは面接対策は完璧だったのに・・・と思った事、ある方もいるのではないでしょうか。

面接対策、模擬面接の相手は、できれば家族や近い友達では無い方が良いです。

それこそ、今は大学中退、フリーター・ニートといった方の就職支援を行う就職エージェントも多数あります。

無料で相談から実際の求人紹介、面接対策なども含めて就職が決まるまで、トータルでサポートしてもらう事が出来ます。

これまでにも数十人、数百人とサポートして内定獲得者もたくさんいます。
その経験を活かし、内定獲得のために効果的なアドバイスをくれるはずです。

就職成功率に関しても一人で就活をするよりも高くなりますので、利用しない手は無いのではと思います。

大学中退で多い理由と答え方

大学中退理由で多いのは、次のような中退理由です。

  • 学業不振・無関心
  • 経済的理由
  • 人間関係、大学生活に不適応

参考:大学等中退者の就労と意識に関する研究(独立行政法人 労働政策研究・研修機構)より

あなたにも当てはまる大学中退理由とはなるでしょうか?

大学に進学してみたものの、授業に興味が持てなかったので学費や時間がもったいないと思い、大学を中退した。

経済的理由により、学費の支払いが難しく大学中退した。

人間関係に馴染めず、大学から足が遠のいてしまった。
休学するより、退学して新たに就職を目指そうと思った。

公務員試験を受けるために大学を中退。
しかし、公務員試験も受からず27歳になったので民間企業への就職に進路を切り替えた、といったような方もいるかもしれませんね。

大学中退理由の例、答え方のコツ

大学中退理由ですが、実際、曖昧なものだったりする方は多いのではないでしょうか。

しかし、面接対策となると話は別です。

曖昧な答え方は避けなければなりませんし、明確に答える事で、他の求職者と差別化することが出来る部分です。

「大学の人間関係に馴染めなかったの大学を辞めた」

という人を採用したら、今度は「会社の人間関係に馴染めずに辞めるのでは?」と思われてしまいます。

大学中退理由 = 会社を辞める理由(可能性が高い)

と面接官は考えるものです。

大学中退理由を説明する時、重要なのは「素直に事実を認め、今後はこうしたい」という話し方となります。

大学での勉強に興味が持てず、学費や時間の無駄と思って退学した中退者の場合は、大学での勉強内容をよく調べずに入学した事であったり、ミスマッチを認めた上で、就職に関しては違う、といった事をアピールすることが必要でしょう。

大学生活に馴染めかなったために中退した場合も、何らか自分にも原因があるはずです。

全てを他人、環境のせいにする求職者は、面接官は最も採用したくないと考えるものですから、注意しましょう。

大学中退理由は早めに説明するのがコツ

大学中退への質問は、セオリー通りに進み早いタイミングで質問される事が多いです。

「自己紹介をしてください」

「大学を中退した理由を教えてください」

「なぜ、当社を志望したのですか?」

といったように進む面接官が多いでしょう。

しかし、面接官によっては最初に世間話から入るケースもあります。
その後、「自己紹介をお願いします」など自由に話しやすい形で振られる事もあります。

その場合、自己紹介に絡めて大学中退理由も話すと良いでしょう。

高い確率で、次に大学中退理由の質問がされるはずです。

大学中退理由の質問、受け答えは面接の最大のヤマ場といっても良いですから、できるだけ早く成功させて、その後の面接を楽にしたいですね。

面接官に大学中退理由を質問されたら、正直に答えること。
そして、ポジティブに話を終わることが大切です。

面接に手応えあり!それでも不採用になった後の就活はどうする?

就職活動をしていると、面接官と話が盛り上がり、

「この面接は絶対通過できるな!」

と思うような手応えがある面接となる場合もあります。

しかし、不採用になる。

そうした場合には、どこか致命的な面接の失敗が隠されているケースがあります。

しかし自分で面接の失敗ポイントは、なかなか気づけないもの。

企業に対して自分が不採用になった理由を質問しても答えてもらえる事はほぼありません。

そのまま次の会社を受けて、また不採用になる・・・

自分では気づけない失敗を繰り返してしまい、不採用が続くのは避けたいですね。

そうした場合にこそ、就職エージェントなどを利用してアドバイスをもらう方法が良いかもしれません。

面接の中で・・・

  • 実は話しすぎている
  • 実は、だって、しかし、という言葉が多い
  • 自分では気づいていないが、落ち着きがない
  • 話の内容が少しネガティブ
  • 面接官と目を一度も合わせない

こうした事などを、自分では気づいていない可能性があります。

自分では分からない事を、エージェントは気づいてアドバイスしてくれる可能性が高いです。

また、本番さながらの模擬面接も行ってもらうことが出来ます。

模擬面接は、近い知り合いなどではなく、第三者に行ってもらう方が効果的です。

そういった意味からも、大学中退者が就職エージェントを利用することはメリットが多いといえます。

面接の種類

面接の種類ですが、

  • 個人面接
  • 集団面接

とあり、多いのは個人面接です。

大学中退の就活は中途採用枠での応募となりますから、基本的には個人面接が多いです。

しかし応募者が多数と言った場合には、集団面接が実施されることも。

他の求職者のマナー、答え方がしっかりしていて、焦ってしまう可能性もあります。

ですから、念のため集団面接もイメージを作っておかれると良いかもしれませんね。

大学中退者向け求人サイトを利用していた場合には、エージェントからしっかりと面接方法、面接対策についてのアドバイスももらうことが出来ます。

事前に面接対策がしっかり出来ることは、不安を減らすことにもなります。

就職活動に不安がある大学中退者という方も多いと思いますので、就職エージェントの活用が就職に関して確実性はあるといえます。

相談から正社員求人の紹介も無料です。

大学中退後の就職活動、全てをトータルでサポートしてもらう事ができますので一度相談をされてみてはといかがでしょうか。

⇒ 大学中退者の就職支援実績多数!おすすめ大学中退者向け求人サイト

-大学中退 就職
-,

Copyright© 大学中退おすすめ求人サイト , 2018 All Rights Reserved.