大学中退 ニート脱出、正社員就職する方法

大学中退 就職

大学中退 就活時期はいつが良いの?

更新日:

大学中退者の就活時期について

大学中退者の就活時期はいつが就職しやすい時期になるのでしょうか。

求人が多く応募先が多い、という意味では年明けの1月、2月頃が正社員求人が一年で最も増える時期で就活には良い時期と言えるでしょう。
ただし、中途採用のライバルも増えますからしっかりと就職準備をすることが必要です。

大学中退する時期にもよりますが、経済的な理由から大学中退を考える場合には学費納入前の時期が多いのではと思います。

前期納入期限前の3月、4月。後期納入期限前の8月、9月頃などは大学中退する人が増える時期となります。

求人が増える時期を待つという選択肢もありますが、正社員就職を考えると大学中退の後、ブランク期間が長くなる方が不利になりやすいです。

早めに就職活動をスタートして求人情報の収集から始められることをオススメします。

大学中退後、就活時期に良いのはいつ?

大学中退後、就職について考える方も多いと思います。
夢をおいかけたい、公務員試験を受けたい、といった別の目標が無い限りは大学中退した後、できるだけ早い時期に就活をスタートした方が内定獲得はしやすくなります。

まず、大学中退後にブランク期間が空いてしまうことは就活に不利になります。

そのため、出来れば大学中退してからあまり期間を空けずに就職活動に取り組まれることをオススメします。

ただ、就活を始めるのは時期にもよりますね。

7月、8月から就活を始めたとしてもお盆がありますので、そこで一旦、採用選考が止まってしまいます。
ゴールデンウィークも同様ですね。

企業が長期休暇に入ると、人事担当者も休みになります。
連絡が途絶えますし、休み前と休み明けでは選考に関して考えが変わっていることもあるかもしれません。

出来れば、就活期間は中断することなく続く方が良いですから、こうしたお盆、ゴールデンウィーク前から就活を始めるのはあまりオススメできません。
(就職活動が長引いた結果、長期休暇を挟むのは仕方ありませんが・・・)

求人が増え、内定の出やすい1月~3月が狙い目!

就職しやすさということで考えると、企業の採用ニーズが高くなる年明けの求人から狙っていくのがオススメです。

年明け、1月から3月までは一年の中でも最も求人が多い時期です。

冬のボーナス支給後も退職者が増えますし、年度末に向かっても退職者が増える時期だからです。

そのため多くの企業で欠員募集の形で中途採用を行います。

その中には未経験者をあえて積極的に採用したいという企業もあり、未経験者向けの正社員求人として探す事が出来ます。

4月入社ということで採用を行っている企業も多いです。

内定獲得を目指すという意味では、企業の採用ニーズが高い1月~3月は、大学中退者の方にもオススメの就活時期と言えます。

大学中退後、正社員就職を目指すのは年齢が若いうちに

もし大学を中退せずに通い続けていた場合、毎年3月に企業説明会が始まり、6月から面接選考が開始される企業が多いのですが、大学中退後はそうした就活スケジュールは関係なくなります。

大学中退者が応募するのは中途採用の求人です。

一年を通して多くの企業が中途採用を行っています。
その中で、「未経験者歓迎」「高卒以上可」「フリーター歓迎」といった正社員求人を探して応募をしていく就活となります。

まず最初に求人サイトで仕事の情報を集める方も多いと思いますが、以外と学歴不問、高卒以上可で未経験者歓迎の求人は見つかりますので安心してください。

またもし今、全然やりたい仕事無い・・・と悩んでしまっても、時間が経つと掲載される求人や企業が変わります。

定期的に求人サイトをチェックされることをオススメします。

就職を目指すのは出来る限り年齢が若いうちが有利です。

特に20代前半、20代後半とでは就職活動をしていて評価が変わることを実感する方が多くなると思います。

厳しくなる20代後半、大学中退者の就活

大学中退というタダでさえネガティブなイメージがある上に、20代後半まで、大学中退後の長いブランク期間があった場合さらに評価が厳しくなってしまいます。

大学中退理由も人それぞれ、色々とあると思います。

最も多いのは、

「学業不振、勉強に関心が持てなくなって」

といった中退理由ですが、他には、

「経済的に苦しかったため」

という理由も多いです。

どのような大学中退理由であったとしても、ブランク期間が長くなり26歳、27歳など20代後半になっている場合、

「こんなに長い間、就職しなかったのはなぜですか?」

といった質問から始まり、さらに厳しく質問が重ねられていく可能性が高いです。

またもし「就職活動はしていたのですが・・・」

と面接で受け答えをした場合には、

「就職活動をしても就職先が決まらない人なんだ」

と思われる可能性が高いです。

正直、大学中退後にブランク期間が長く空いてしまうとどう答えても面接官のネガティブなイメージを覆すのが難しくなってしまうのです・・・。

大学中退して1年目はまだまだ正社員就職しやすい時期です。
そこからブランク期間が長くなるに従い、特に20代後半になってくるとさらに就活の厳しさが増すと考えて良いでしょう。

不利な就活がさらに不利になってしまうため、もし正社員就職のほかに追い求めたい将来が無いのであれば、出来るだけ早めに就職活動をスタートした方が良いといえます。

しかし、既に大学中退後、ブランク期間が長くなってしまっている方もいると思います。

その場合は、20代フリーターや大学中退者の就職支援に特化している就職エージェントを活用する方法が良いでしょう。

ブランク歴が長い大学中退者も内定率が高い就活が出来る、就職エージェント

大学中退者の就活は最初から厳しいものになることが多くなりますが、ブランク歴が長くなるとさらに厳しさを増してしまいます。

そうした状況で就職成功率の高さを考えた場合、大学中退者やフリーターの就職にも多くの実績を持つ就職エージェントを活用する方法がオススメです。

これまでの経歴よりも、人物の将来性を考えて採用を考えてくれる企業が多く採用のために利用をしています。

未経験者を採用するということで、しっかりと教育にも力をいれている会社が多く、長く働きやすい優良企業も多い事が特徴です。

⇒ 大学中退者向け求人サイト、求人情報を探す方法

そのためブランクありの方であっても、仕事への熱意や志望動機をしっかりとアピールすることで十分に採用される可能性があります。

もし、就職活動が初めてであっても大丈夫です。

応募書類の添削、志望動機の作り方、面接対策(面接での中退理由の伝え方、ブランク期間の答え方など)、会社の選び方なども就職支援の経験が豊富なアドバイザーやコンサルタントからサポートを受けることが出来ます。

求人サイトを利用しても応募したい会社が見つからなくて・・・といった方も相談してみてください。

キャリアカウンセリングを元に、適職や強みを活かせる仕事などを探してもらう事が出来ます。

-大学中退 就職

Copyright© 大学中退おすすめ求人サイト , 2019 All Rights Reserved.