フリーターから正社員に就職できる人

大学中退フリーター

フリーターから正社員 難しい?就活に成功する人

更新日:

フリーターから正社員に就職するのが難しい

脱フリーターで正社員になるのが難しい理由、就活成功のコツ

フリーターから正社員就職する事を目指して頑張っているけれど、なかなか内定がもらえない・・・

やっぱりフリーターから正社員は難しい?

と悩んでいる大学中退フリーター、既卒、高卒、中卒フリーターの方も多いのではないでしょうか。

なぜ、フリーターが正社員就職するのは難しいのでしょうか?

成功するためには、どんな就活をしたら良いのかを解説していきたいと思います。

フリーターから正社員になるための近道、オススメの就職支援サイトは記事の後半でご紹介しています。

⇒ おすすめフリーター向け就職支援サイト

フリーターの就職が難しい理由

新卒採用を中心とした人材採用

フリーターの就職が難しい理由として最も大きいのは、新卒採用を中心とした企業が多いためといえるでしょう。

フリーターは中途採用を狙って求人へ応募をする事になりますが、そもそも中途採用枠が少ないですし、

「中途採用へはキャリアを持つ転職希望者も応募している場合もある」

ために正社員としての就業経験が無い、職歴なしフリーターの場合にはどうしても比較をされると不採用になるケースが多くなってしまいます。

また年齢が上がるにつれて応募出来る未経験者歓迎の求人が減ってくることも、フリーターを脱出して正社員になるのが難しい理由の一つです。

フリーターへの印象が良くない

中途採用を考えた場合、まだまだフリーターへの印象が良くないと言えます。

就職するのがイヤでフリーターになった人。
正社員就職出来なくてフリーターになった人。

夢を追いかけてフリーターになった、という人もいるかもしれませんが少数派でしょう。

人材採用の場面での企業の優先順位としては、

  • 即戦力(キャリア転職)
  • 第二新卒
  • フリーター
  • 短期離職者
  • ニート

といった優先順位であると考えて良いでしょう。

特に中小企業は採用した後にゆっくりと教育していく余裕が無い企業も多いため、応募者に即戦力となる転職希望者がいた場合には優遇する傾向は強いです。

ただ、中途採用でも真っさらな人材を採用したいということで、

  • 大学中退者
  • 既卒者
  • フリーター・ニート

を積極的に中途採用する企業もあります。

フリーターから正社員に就職するのが難しい、と感じている方はこうしたフリーター層を採用したい企業を上手く見つけられていない可能性があります。

アルバイトと正社員の面接は全く別物

アルバイトの面接は、簡単です。
バイトの面接は落ちたことがない!というフリーターの方もいると思います。

しかし、正社員の面接は全く別物です。

自己紹介も3分でまとめてください、志望動機を2分くらいで話してください。
といったことでアピールしなければなりませんし、

「なぜフリーターになったのか」

「なぜ、ブランク期間がこんなに空いてしまったのか」

「なぜ今、正社員就職しようと思ったのか」

など正直、答えにくい質問も深く聞かれます。

面接準備をしていないと、まともに受け答え出来ずに撃沈します。

最初の面接で大失敗してしまいトラウマとなり、就活を辞めニートとして引きこもる・・・といった方もいるようです。

面接も慣れという部分はありますから、最初に求人へ応募する会社は練習の意味合いも兼ねて受けると良いかもしれません。

それ以前に、フリーターの場合には書類選考で落ちる事が多いため、応募書類の書き方をしっかりと行う事が大切です。

準備不足、情報収集の不足

就職エージェントや面接官をしたことがある人に話を聞くと、フリーターといっても別れていて、完全に情報収集や準備が不足している人もいると言います。

  • 応募先企業の主な業務内容を分かっていない
  • 面接での質問への対策がをしていない
  • 志望動機がコピペ
  • 面接マナーができていない

フリーターから正社員就職を目指す際、

他にも応募者がいて比較されている

ことを忘れないようにする必要があります。

就職するために必死で、自己分析や企業研究を徹底的にして、志望動機も自分の言葉で伝え、面接マナーもしっかりしている応募者がいないとは限りません。

そうした人がいると仮定すれば、情報収集も手を抜いて言い訳はありませんし、面接準備もギリギリまで行うことが必要です。

志望動機も誰かに見てもらったりして、よりアピールできる内容に推敲していかないといけませんね。

面接官としてたくさんの中途採用希望者を面接すると、差がハッキリと分かるそうです。

年長フリーターは就職できない傾向が強まる

完全失業者+非労働人口、つまりフリーター人口の推移ですが、

・2011年 184万人(男性85万人、女性99万人)
・2012年 180万人(男性82万人、女性98万人)
・2013年 178万人(男性84万人、女性98万人)
・2014年 178万人(男性79万人、女性99万人)
・2015年 166万人(男性77万人、女性89万人)
・2016年 154万人(男性72万人、女性82万人)
・2017年 152万人(男性70万人、女性82万人)

という推移となっています。

出展:労働力調査結果(総務省統計局)

一見、フリーター人口が減っていますので、

「景気も一応良いみたいだし、高齢化が進んだことから人手不足の業界が増え、正社員採用が増えたのかな?」

と思う方がほとんどだと思います。

しかし、年齢別にフリーター人口の推移を見ると、25歳~34歳のフリーター人口が増えており、フリーターの高齢化が進んでいる事が分かります。

便宜上、25歳~34歳を年長フリーター、15歳~24歳を若年フリーターとして見たいと思います。

・2014年 年長フリーター105万人、若年フリーター80万人
・2015年 年長フリーター96万人、若年フリーター70万人
・2016年 年長フリーター91万人、若年フリーター63万人
・2017年 年長フリーター88万人、若年フリーター64万人

フリーターから正社員になれない人は、そのまま年長フリーターとしてアルバイト生活が続く可能性が高いということが見えてきます。

35~44歳でフリーターという人達も50万人以上いるそうです。

年齢が上がるごとにフリーターから正社員になるのは難しくなりますから、少しでも正社員として就職しやすい20代の間に、就職先を決めて正社員としてキャリアをスタートされる事をやはりオススメしたいと思います。

フリーターから中途採用される人の共通点

フリーターから正社員就職に成功した人、中途採用されやすい人の共通点について簡単に見ていきたいと思います。

改めて詳しくまとめる予定です。

  • 素直である
  • 行動量が多い
  • 明るくハキハキとした面接での受け答え
  • 求人を選び過ぎない
  • アルバイト経験を活かした仕事に就いた
  • 大企業よりも中小企業へ応募
  • 未経験者歓迎の求人を中心に応募
  • すぐに辞めないことをしっかりアピールしている
  • 就職が決まるまで諦めない

といったような共通点が見られます。

応募する求人を選び過ぎない、というのは重要なポイントです。

正社員として働くにあたっては、仕事内容や労働時間、勤務地などに色々と希望もあるとは思いますが条件を付けすぎると、求人が見つからなくなります。

フリーターという正社員就職には不利な状況であることを理解すれば、条件をあまり厳しくするのは避けた方が良いですね。

希望条件も優先順位をつけて、これだけは譲れない!という条件を1つ、2つ程度度に絞ると良いかもしれません。

そして最も重要なのが、

就職が決まるまで諦めない

ということになります。

フリーターから正社員になる、就活に成功するには

フリーターから正社員になるための就活の方法はいくつもあります。

ハローワークを利用しても正社員求人の情報収集は出来ますし、就職相談も可能です。

転職サイトを利用しても、今は人手不足ということでフリーター向け求人の掲載も増えています。

そうした就活方法の中で脱フリーターの就活としてオススメなのは、フリーター向け就職支援サイトの活用です。

おすすめフリーター向け就職支援サイト

⇒ DYM就職

⇒ ジェイック(JAIC)

⇒ ハタラクティブ

⇒ 就職shop

などの就職支援サイトをオススメしています。

20代のフリーター、既卒、大学中退、ニートといった方の就職支援に特化しており、実績も多いです。

何より、フリーター歓迎、学歴不問、未経験者歓迎の求人ばかりを扱っていますので内定率を高く就活を進める事が出来るメリットがあります。

フリーターから正社員になるには、こうした就職支援サイトを利用する方法が数ある就活方法の中でも近道といえると思います。

-大学中退フリーター
-,

Copyright© 大学中退おすすめ求人サイト , 2018 All Rights Reserved.