大学中退者の就活、就職サイト選び

大学中退 就職

大学中退後の就職相談はどこにすれば良い?

投稿日:

大学中退 就職の相談ができる就職支援サービス

大学中退した後、どう就職活動をしたら良いの?

大学中退後、就職活動をする時に就職相談から利用できる「大学中退者向け就職支援サービス」についてご紹介をしています。

大学中退者の就職は、中途採用を狙ってとなりますので一年の中で、いつ就職活動を始めても良いということになります。

そのため、大学中退したら少し休んでから就活をしようかな・・・となりがちな方もいるかもしれません。

しかし正社員就職しやすさで考えると、あまり学校を中退後にブランク期間を空けない方が良いです。

そうした仕事探しの情報も、教えてくれる存在が中退後はいないですよね。

「就職どうしようかな・・・」

「求人サイトを見ても応募したい会社が見つけられない」

大学中退した後、就職に関して困ってる方、悩みから仕事探しが進まない方向けに、大学中退者の就職活動、就職相談から利用することが出来る

「大学中退者向け就職支援サービス」についてご紹介をしています。

大学中退 就職おすすめサイト

大学中退者向け就職支援サービスです。

⇒ 大学中退向け求人サイト

で詳しくご紹介をしていますが、大学中退後に就職相談から始める事が出来る就職支援サービスとして、

⇒ DYM就職

⇒ ジェイック(JAIC)

⇒ ハタラクティブ

⇒ 就職shop

などをご紹介しています。

一般的な就職・転職サイトを利用した場合、他の求職者とも比較をされる就活となります。

そうなると、学歴としても高卒になりますし中退という事実から、どうしても大学中退者は不利になってしまうことが多くなってしまいます。

就職できない、というわけではありませんが就活期間は長期化しやすい傾向がありますし、より高いモチベーションが必要と言えるでしょう。

こうした大学中退者向け就職支援サービスでは、大学中退、フリーター・ニートに特化した就職ノウハウ、サポート内容があります。

何より、こうした就職エージェントを利用して人材採用を行う企業が、大学中退、ニート・フリーターの採用を前提としていますので、内定率が一人での就活と比べて高くなります。

利用する就職支援サービスによっては、1週間など短期間で就職先が決まるケースも少なくないそうです。

大学中退者が就職相談をしながら就活をすることが出来る、こうした就職支援サービスの活用をオススメいたします。

大学中退後、フリーター・ニートになってはいけない理由

「夢」があって、それを追いかけるために大学を中退した、という方以外は、生活のために収入を得る方法として正社員就職を考えると思います。

大学中退者は就職活動で苦戦することが多いと言われます。

確かに大学を中退しなければ出来たであろう、新卒としての就活と比べると難しい事が多くなります。

大学中退者向けの就職支援セミナーや合同企業説明会も数は少ないですし、就職に関しての情報量がやはり少なくなりますよね。

また、正社員就職するために学生の場合には就活スケジュールが決まっていますから、それに合わせて就活をスタートする人がほとんどです。

(就活スタートに乗り遅れて、インターンシップやOB・OG訪問を逃すと就職できない可能性が高くなってしまいますが)

大学中退者に就職を促す人は、親くらいでしょうか。

そして大学中退後は新卒求人ではなくて、中途採用での就職活動を狙うことになりますので、就活の時期としても「いつ就職活動をしても良い」ということになります。

そのため、大学中退後になんとなくヤル気が出ないな・・・とフリーター・ニートになってしまうと、その状況から抜け出しにくくなる方が多いようです。

大学中退というイメージ

大学中退という言葉のイメージとして、ポジティブなものを感じる方は残念ながらほとんどいないでしょう。

中退には、

「物事を途中で辞める人」

「途中で諦める人」

といったネガティブなイメージがあります。

ブランク期間が長くなることによって、中退というネガティブなイメージにさらに「長い間、仕事に就く気が無かった人」というイメージも上乗せされる可能性もあります。

大学中退者の就活は志望動機、面接対策が重要です

そのため、大学中退者の就職活動ではいかにポジティブなイメージを面接官に与えるかが、新卒や第二新卒、転職希望者の人達と比べて重要となります。

求人サイトを利用して求人へ応募するような就活をする場合には、求人に対して複数の求職者が応募をしていることが通常です。

書類選考の段階から、そうしたネガティブなイメージの無い人達と比較をされることになります。

そのため、大学中退後に就活をしてみたものの、履歴書が全然通らなくて・・・といった方も出てきてしまいます。

大学中退者向け就職支援サービスの活用がオススメ

そうした苦戦しがちな大学中退者の就職活動を、少しでも有利に進めるための就職活動の仕方をする必要があります。

それが、先ほどご紹介したような大学中退者向け就職支援サービスの活用です。

大学中退、フリーター・ニート向け求人も多く取り扱っていますし、一人ひとりに合わせた求人紹介を受ける事が出来ます。

それこそ、

「就職はしたいけれど、やりたい仕事がまだ見つかっていない」

という方も就職相談から始めて、キャリアカウンセラーと相談しながら探していくことも可能です。

求人サイトを利用するように膨大に見つかる正社員求人を、自由に探して応募をする就活方法と比較をすると、自由度はありませんがその代わり、成功率の高い就職活動をすることが出来ます。

一人での就活は、確かに自分で自由に求人を探して応募出来る選択肢の多さはありますが、それで内定出来るかどうかは別問題です。

いつまでも就職できない大学中退者の方もいるのですから・・・

不利になりがちな大学中退者の就職活動は、こうした就職相談が出来る就職サイトをオススメしたいと思います。

大学中退 就職活動はハローワークから!はダメ?

大学中退後、ハローワークを利用して就活の情報収集をしよう、という方もいるかもしれません。

しかし、ハローワークは大学中退者の就職には向きません

大学中退者に特化している訳ではありませんし、様々な年代、雇用形態(正社員だけではなく、パート・バイト、契約社員、嘱託社員など)の募集があり、情報収集も効率が良いとはいえません。

就職相談も窓口で可能ですが、担当者が付くわけでは無いので毎回、大学中退した理由や事情を説明して、相談が始まるといった効率の悪さもあります。

ハローワークの活用が向いているのは、地方で求人サイトなどが利用できない方、30代、40代で正社員就職を探している方、といって良いのではないでしょうか。

20代とまだまだ若い方で、大学があるような都市部にお住まいの方は求人サイトや、大学中退者向け就職サイトなどを利用した方が、特化した情報を得ることが出来ますので効率が良いでしょう。

大学中退フリーター・ニート 就職を諦めない事が一番大切です

大学中退 就職して給料を貰うには正社員就職することが必要です。

大学中退後、ニートになる方もいますが、親も少しずつ年を取っていきます。
今は親も若くても(既に高齢のご両親、という方もいるかもしれませんが・・・)、1年ごとに年を取り、体力も落ちていくでしょう。

病気や事故にあうなど何が起きるかも分かりません。

急に将来の介護の心配が出てきて・・・と就活を始める方も実際いるようです。

もし20代をニートやフリーターで過ごしてしまい、30代になってから急に就職活動を始めても、職歴なし社会人未経験ニート・フリーターからは就職は非常に難しいです。

大学中退後は一番、就職しやすい時期と言えます。

大学中退直後ではなくても、ブランク期間が短ければ短いほど就職はしやすいですから、正社員就職をお考えの場合には、少しでも早い時期に就活をスタートされることをオススメします。

その際は、就活が難しいことがあったとしても諦めず、就職活動を続けていくことが大切ですね。

途中でモチベーションが下がってしまい、フリーター・ニートになると、そこから脱出して再び就活をするのは難しいです。

ブランク期間も空いてしまいますからね。

大学中退者の就職活動を支援・サポートするものとして、

⇒ 大学中退向け求人サイト

をご紹介いたしました。

ぜひご活用いただき、大学中退後の就職活動を少しでも有利に進めてみてくださいね。

-大学中退 就職
-,

Copyright© 大学中退おすすめ求人サイト , 2019 All Rights Reserved.