大学中退後の就職活動

大学中退 就職

大学中退した女性の就職、おすすめ職種とは

投稿日:2020年10月31日 更新日:

大学中退した女性の就職

大学中退した女性の就職は厳しい・・・と感じている方も多いかもしれません。

特に有効求人倍率が下がっている業界への就職を希望されていた方、勤務先が倒産したり解雇となり再就職を目指している方もいらっしゃるかもしれません。

大学中退の経歴がある場合、最終学歴が高卒という女性も多いと思いますが、それもあって応募出来る求人が少ないことに悩んでいる・・・といったケースもあるでしょう。

この記事では、大学中退女性の就職が内定率の高い就活をする方法、また大学中退しても就職を目指しやすい(正社員求人が比較的多い)、女性におすすめ職種についてもご紹介しています。

大学中退女性が最短で就職するルート

フリーターから正社員に就職できる人

大学中退した女性が就職率の高い就活をしたいな・・・と思った場合、おすすめは就職支援サポートが受けられるエージェントを利用する方法です。

大学中退の後、就職活動の進め方に不安がある女性も多いと思います。

女性専門の就職支援サービスあり「ジェイック」

中でもサポートが手厚いのがジェイックです。

ジェイック女子カレッジ

東京の新宿本店では、女性専門の就職支援「女子カレッジ」も利用可能です。

他の地域でも17歳~34歳まで利用可能な「就職カレッジ」を利用して正社員就職を目指すことができます。

利用可能なエリアも他の就職支援サービスよりも広いことも、おすすめのポイントです。

大学中退者の就職支援の実績も非常に多く、力を入れているのがジェイックです。

ぜひ詳細をご確認になってみてください。

ジェイック

⇒ ジェイック 就職支援サービスの詳細はこちら

女性向け職種の正社員求人が多い就職支援サービス

大学中退後、女性が就職を希望されることが多い、事務職、バックオフィス系のお仕事、IT系の求人などが見つかりやすい就職支援サービスをご紹介します。

⇒ DYM就職

⇒ ハタラクティブ

⇒ 第二新卒エージェントneo

こうした就職支援サービスはそれぞれ扱っている求人も違いがありますし、紹介を受けられる職種もその時々で異なります。

そのため、複数の就職支援を利用して差を見極めながら、メインで利用するサービスを考えていく方法もおすすめです。

人気の事務職を希望される場合、なおさら求人が少なくなります。

情報収集は複数の就職支援サービスや求人サイトを利用して進められることをおすすめします。

今、大学中退女性の就職は難しい?

現状では、コロナの影響により倒産、従業員のクビ(解雇)なども増えており、正社員就職、再就職を希望される方も非常に増えている状況です。

多くの就職支援サービスや派遣事業を行っている企業へは、就職希望者が例年の数倍の登録者となっている・・・といった記事やニュースを目にする機会も多いです。

求人状況で厳しくなっているのが、未経験者の就職、経験の浅い人の転職だそうです。

企業側としても、コロナ前ほど未経験者を採用して育てる余裕がなく、即戦力の中途採用が非常に増えています。

大学中退、フリーターやニートといった経歴のある女性が就職を自力で目指すのは、かなり難しい状況といって良いでしょう。

上記でご紹介した就職支援サービスは、大学中退者向け求人、女性向け求人の情報収集にも便利な方法です。

ぜひ活用してみてください。

大学中退女性におすすめ就職先

プログラマーとして就職

大学中退した女性におすすめの職種、就職先として次のようなところがあります。

大学を中退した後、就職先を探していて、次のような職種の求人をお探しになっている女性もいらっしゃるかもしれません。

従来以上に人気が集まりすぎて、倍率が高くなっている職種もあります。

気になる企業、求人が見つかった際には、ぜひ積極的に応募されることをおすすめします。

事務職

事務職は女性に人気の高い職種です。

仕事内容が落ち着いていることも魅力ですよね。

残業無し、土日祝の休日出勤もほぼ無し、給料は確かに低めかもしれませんがライフワークバランスを取りやすい働き方ができることが事務職の大きな魅力です。

事務職は高卒以上で応募可の求人も多いですね。

未経験から応募しやすいのは、

・一般事務
・営業事務

などです。

事務職の求人は基本的に、資格やスキルなどがなくても応募可能、年齢とやる気、人柄などが重視されるため未経験の大学中退者でも就職を目指しやすいといえます。

人気が高いのに求人が少ない、というのが事務職へ就職を希望するときの注意点です。

販売職

従来であれば、販売職は高卒女性の需要がとても高く、就職を目指しやすい職種でした。

アパレル、化粧品などをすぐにイメージされる女性も多いかもしれません。

スーパー、量販店、ショップ、書店、ドラッグストア、ホームセンターなど様々な職場で販売職が募集されます。

業界として需要が伸びているところもあれば、求人を絞っているところもあります。

販売職として就職を希望されるのであれば、業界を選ぶことが大きなポイントとなりそうです。

営業職

営業職はどういった状況になっても、求人数が多い職種です。

「学歴不問」「経験不問」「未経験歓迎」

といった求人も多いですよね。

高卒以上可の営業求人も多く、大学中退後の女性の就職先としてもエージェントでもおすすめされることが多いと思います。

営業というと、キツい、というイメージを持たれる女性も多いかもしれません。

しかし企業によってはノルマなし、店舗にご来店されたお客様に対して丁寧なサポート、コミュニケーションを重視する中で製品のセールスをするようなところもあります。

既存のお客様中心のルートセールスもあります。

その一方では新規開拓中心、高単価の商材中心の営業で、インセンティブあり営業職の求人もあります。
高年収を目指したいなら、インセンティブありの営業職で就職をお考えになると良いでしょう。

ただし、就職する企業によってはノルマが厳しかったり、ブラック企業で早期離職につながるおそれもありますので、企業の情報収集はとても大切です。

介護スタッフ

介護業界も人手不足が続いており、現状でも有効求人倍率は高いまま推移しています。

高卒以上可の求人が多いですし、人柄などが重視されますので大学中退の経歴があっても就職を目指しやすい仕事です。

注意点としては、施設の見学に行ってみて、雰囲気や職員がどういった顔つきで介護サービスを行っているかなどを、自分の目で見て確認することです。

労働環境にも注意された方が良いでしょう。

自分に合った施設を見つけることが、介護業界で長く働くためのポイントになるといえます。

ITエンジニア

女性の就職も増えているのが、IT業界、ITエンジニアです。

手に職をつける、といった考えからITエンジニアとしての就職を目指す女性も多いです。

学歴不問、高卒可の正社員求人が多い業界となります。

確実にITエンジニアやWebエンジニアとして就職を目指すのでしたら、プログラミングスクールを利用する方法がおすすめです。

人手不足を受けて、就職保証付のプログラミングスクールも増えてきています。

無料、有料とプログラミングスクールと両方を以下の記事中でご紹介しています。

こちらも合わせてご覧になってみてください。

タイトル

大学中退 プログラミングスクールで就職

大学中退後、プログラミングスクールで学びプログラマー、ITエンジニアとして就職する、という方法があります。

大学中退した女性が地元で就職しようと思ったら

職歴なしニート女性

大学を中退した後、地元に戻って就職を考えている女性も多いかもしれません。

大学進学のために一人暮らしをしている場合には、就職が決まるまで生活費をアルバイトで賄う必要がある方も多いと思います。

大学中退、フリーター歴が長くなると就職が厳しくなりやすいのです。

また今の状況下で大学で友達ができず、大学を辞めた後、今の場所で生活するのが辛い・・・といった方も多いかもしれません。

「地元に戻って就職しようかな・・・」

と考えるのも自然なことといえそうです。

大学中退後の就活は基本的に一人。

就活について相談できる友達もこちらにいない、といった場合には地元に戻ろうかなと思うことも多いと思うんですよね、やはり。

地元にもどって就職する場合でも、あらかじめ求人について情報を得ることもできます。

求人サイトを利用して探す方法もありますし、地元の求人も取り扱っており支店がある就職エージェントであれば就職相談をすることが可能です。

地元に戻って少し休む、という考え方もありますがそのままニート生活になってしまう可能性もあります。

大学中退後の進路として就職をお考えであれば、空白期間をあまり作らず、就職活動を始めるのがおすすめです。

大学中退後、女性が就職を有利に進めるには

大学中退した女性が正社員になるための就職活動を有利に進めるには、求人情報を得る場所が最も大切だといえます。

知名度が高い求人サイトを利用して、たくさんの求人情報を得ることができますが、

「大学中退女性を歓迎する企業」

は少ないといえます。

多くは即戦力の募集、第二新卒者歓迎となります。

本当に未経験者を歓迎する企業は限られてきてしまいます。

大学中退という経歴があると、書類選考で落ちることも多いためモチベーションを維持するのが大変、という女性も多いのではないでしょうか。

大学中退後、空白期間を空けないことが大切

大学中退後、就職成功率に大きく影響するのが空白期間です。

空白期間が長いほど、採用担当者にはマイナスイメージを持たれやすいです。

1年、2年、3年と空白期間が長くなるほど就職率は下がっていきます。

過去は変えられませんので、できれば就職を考え始めたら早い時期に就活をスタートされることをおすすめします。

大学中退後の空白期間の説明できるように準備

大学中退後、フリーター期間やニート期間がある場合、それは空白期間として面接官から質問されることがあります。

面接では、

「大学を中退してからの空白期間は何をしていたのですか?」

と質問される可能性が高いです。

「とりあえずやりたいこともなかったので、アルバイトをしていました」

「何もする気になれなかったので、ニートをしてました」

といったような答えをしてしまっては、あまり良い印象ではないですね。

「企業研究をしながら、生活費を稼ぐためにアルバイトも頑張っていました」

といったように、アルバイトをしていた理由と就活をセットにして答えられると良いでしょう。

学歴不問、未経験歓迎の中途採用求人に応募する

大学中退後の就職活動は、中途採用枠を狙って応募をしていくことになります。

その際、

  • 学歴不問
  • 未経験歓迎

の求人に絞って応募をしていくことが書類選考通過率を上げるポイントとなります。

大学中退した場合、最終学歴は高卒となる方が多いでしょう。

「高卒以上」と記載された求人を探して応募することになります。

未経験歓迎の求人は、若手人材を積極的に採用していると考えられます。

少しでも内定獲得の確率を上げられるように、学歴不問、未経験歓迎の求人を中心に応募を進めていきましょう。

大学中退後は中小企業を中心に求人に応募する

大学中退後、就職先として狙うのは大企業ではなく、中小企業がおすすめです。

大企業は新卒採用しかしていないことも多く、大学中退者は中途採用となるため、なおさら採用が厳しいといえます。

狙うのは、若手人材の人手不足で募集をかけている、中小企業です。

中小企業なら簡単に採用される、といったことはありませんが、大企業よりも採用してもらえる可能性はあります。

まずは正社員として就職してキャリアを始めること。

経験を積んだ後でなら、大企業へ転職する道が開けることもあります。

大学中退者向け就職支援、サポートを利用しながら就活がおすすめ

大学中退後、女性の就職も何かと大変だと思います。

一人で動くことになりますから、就活の情報がありません。
何から調べて良いか分からない、就職活動の準備の仕方がよく分からない・・・

大学中退歓迎の求人を見つけにくい。

応募しても書類選考で落ちる。大学中退だから?

やりたい仕事が見つからない・・・

就活でぶつかる壁は、人それぞれ。

簡単に就職が決まる方は、滅多にいないと思います。

就職活動で困った時、相談できる人がいるとモチベーションも維持しやすいです。

そうしたことから、記事の最初の方でご紹介したような大学中退者向け就職支援サービスの活用をおすすめしています。

ジェイック

⇒ ジェイック 就職支援サービスの詳細はこちら

高い就職成功率、高い定着率が特徴の就職支援サービスです。

女性の利用も増えているということです。

ジェイックに就職相談にこられる方の中には、

「やりたい仕事がまだ特にない・・・」

という方も多いそうです。

どういった就職先があるか、大学中退者向けの仕事、女性が多く就職している職種などの情報を得ながら、就職先を考えていくこともできます。

また、女性向け職種の正社員求人が多い就職支援サービスとして、以下の就職支援サービスもご紹介しました。

大学中退後、女性が就職を希望されることが多い、事務職、バックオフィス系のお仕事、IT系の求人などが見つかりやすい就職支援サービスです。

⇒ DYM就職

⇒ ハタラクティブ

⇒ 第二新卒エージェントneo

いずれの就職支援サービスも利用は無料です。

-大学中退 就職
-,

Copyright© 大学中退おすすめ就職サイト , 2021 All Rights Reserved.