未経験からITエンジニアへ転職

IT・WEB業界へ就職

大学中退 プログラミングスクールで就職

投稿日:

大学中退、プログラミングスクールで就職

大学中退後、プログラミングスクールで学びプログラマー、ITエンジニアとして就職する、という方法があります。

経済的な事情などから、仕方無く大学中退をせざるを得ない方も多いのではないでしょうか。

大学中退後、就職のことを考えて不安になる方も多いと思います。

大学中退してフリーターやニート期間が長くなり、求人に応募しても書類選考で落ち続けてしまう・・・就職どうしよう?という方にもプログラミングスクールはおすすめです。

将来性のある仕事に就きたい、手に職をつけて30代、40代、50代になっても再就職しやすい職業が良いな、といったことを考える方もいると思うのですが、そうした条件に照らし合わせてもITエンジニアは大学中退した方におすすめの職種です。

今はオンラインのプログラミングスクールも多いですから、さらに学びやすい状況となっています。

この記事では、大学中退後の就職におすすめプログラミングスクールをご紹介しています。

この記事中でおすすめしているプログラミングスクール

この記事中でご紹介しているプログラミングスクールを先にご紹介いたします。

プログラミングスクールで学ぶメリット・デメリットなどの後、記事の後半に詳しいスクールの特徴などを掲載しています。

未経験からITエンジニアへ転職、おすすめプログラミングスクール

【無料のプログラミングスクール】

⇒ GEEK JOB スピード転職コース

【有料のプログラミングスクール】

⇒ TechAcademy(無料体験あり)

⇒ 未経験からIT業界へ転職なら【DMM WEBCAMP】

大学中退者にプログラミングがおすすめな理由

大学中退した方に、プログラミングはおすすめです。

もちろん、プログラマーやITエンジニアへの適性はあります。

  • 向いている人
  • 向いていない人

とありますのでプログラミングが全ての方におすすめ、というわけではありません。

  • コツコツ作業を積み上げていくのが好きな人
  • モノを作るのが好き
  • 忍耐強く検証するのが得意
  • 好奇心がある、学習意欲がある
  • 知らないことを積極的に質問できる
  • コミュニケーション力がある

といったような人はプログラマーに向いているといえますので、プログラミングを学び就職や転職を目指すことをおすすめしたいです。

プログラミングを学ぶことで、IT未経験の方でも就職成功率は非常に高くなります。

ただ、プログラミングスクールで学んだ後、プログラマーとしての就職先、企業によってはその企業からステップアップを目指すことも大切です。

未経験者が2ヶ月、3ヶ月でプログラミングスクールで学ぶ内容には限界があります。

それでも就職成功率は90%以上といったプログラミングスクールが非常に多いですから、IT業界に就職する方法としてはとても効果的ですしおすすめです。

SES企業に就職するケースも多いと考えられますので、プログラマーやITエンジニアとなった後も積極的に学び、スキルアップを目指せる方はとても良い業界・職種だと思います。

プログラミングスクールを利用する3つの大きなメリット

プログラミングスクールを利用するメリットには、3つ大きなメリットがあるといえます。

  • 効率的にプログラミングのスキルを身に付けることができる
  • 講師のサポートがあるためプログラミングに挫折しにくい
  • 就職・転職支援のサポートが得られる

効率的にプログラミングのスキルを身に付けることができる

プログラミングは確かに独学でもスキルを身に付けられますし、実際、独学で凄いスキルをを身に付けている人もいます。

ただ、独学で高いプログラミングのスキルを身に付けられる人は、本当に稀だと思います。

ほとんどの人は、独学でプログラミングを学ぼうとすると、挫折します。

どこから手を付けて良いかよく分かりませんし、いざプログラミングの学習を始めてみると分からないことだらけ。

分からないことを調べていると、あっという間に2時間、3時間経っていて・・・「今日も全く何も進まなかった!」

ということが続きます。

また独学だと順序立ててプログラミングを学ぶことが難しく、いきなり難しいことを始めてしまったりもします。

プログラミングスクールは、IT未経験者でもプログラミングを学習しやすいように学ぶ内容、順番が考えられています。

だからこそ、短期間でプログラマーとして就職できるスキルを身に付けることができます。

独学でプログラミングを学んだ人も歓迎してくれる企業はありますが、2ヶ月、3ヶ月程度の独学では評価されるのは難しいでしょう。

講師のサポートがあるためプログラミングに挫折しにくい

ネット環境と書籍があれば、プログラミングを独学することは可能です。

しかし、ほとんどの方は挫折すると思います。

自分で調べて分かることもありますが、どうしても分からないこともあるからです。

調べても調べても分からないことを調べるのは、非常に辛いです。

ハッキリ言って、最初は分からないことだらけです。

謎のエラーメッセージの意味を調べて、対処法を探る。

英語のドキュメントを調べなければならない場合もあります。

「調べても調べても分からない・・・」

という無限ループに突入することもあります。

これにハマると、プログラミングが嫌いになる可能性大です。
挫折します。

大学中退後、正社員就職するためにプログラミングを学習したいのであれば、プログラミングスクールを利用する方法をおすすめします。

今はオンラインのプログラミングスクールもありますので、自宅で学ぶことも可能です。

プログラミングスクールには講師がいますから、質問ができますし、メンターが就いて挫折しないようにサポートしてもらえるスクールもあります。

また直接やり取りすることは無いかもしれませんが、同じようにプログラミングを学ぶ受講生が身近にいることも、挫折しにくくなる理由になるかもしれません。

就職や転職のためにプログラミングスキルを身に付けたいのであれば、プログラミングスクール、プログラミングスクールを利用されることをおすすめします。

就職・転職支援のサポートが得られる

大学中退後、プログラマーやITエンジニアとして正社員就職することを目指してプログラミングスクールを利用するのですから、最大のメリットは、

就職・転職支援のサポートが得られる

ということになりますね。

就職先はIT企業が集中している東京都が中心です。

地方の方は、東京の開発会社、IT企業へ就職できることが条件になる場合もありますので、プログラミングスクールの利用条件をしっかり確認されることが必要です。

無料のプログラミングスクールの場合には、制約も多くなりますので、しっかりと事前に確認されることをおすすめします。

プログラミングスクールを選ぶポイント

プログラミングスクールを選ぶポイントですが、次のような点に注意されると良いと思います。

  • 学びたいプログラミング言語のコースがある
  • 受講期間
  • 挫折せずに続けられそうかどうか

プログラマー、といっても言語がたくさんあります。

どんな業務をするプログラマーとして就職を目指したいか、を最初に考える必要がありますね。

プログラマーといっても種類があります。

  • Webプログラマー
  • オープン系プログラマー
  • 組み込み系プログラマー
  • 汎用系プログラマー
  • ゲームプログラマー

などです。

漠然とプログラマーになりたい、といった方は具体的にどのプログラミング言語を学んだら良いかで迷ってしまうようです。

まずはどんな開発をしていきたいかを最初に考えてみることをおすすめしたいと思います。

それによって、学ぶべきプログラミング言語を考えやすくなります。

プログラミングスクールは転職に成功しやすい

プログラマー、ITエンジニアは人手不足です。

この先、さらに人手不足が加速するといわれる状況です。

だからこそ、IT未経験者がスキルを身に付けてプログラマー、ITエンジニアとして就職する、というビジネスモデルが成り立っています。

就職しやすいのですから、ぜひその仕組みに乗っかりましょう!

大学中退後、空白期間が長くなると就職が難しくなりますし、こうしたプログラミングスクールも年齢制限があることが多いです。

特に無料のプログラミングスクールは、やはり20代向けのスクールが多いですね。

未経験からプログラマーに転職するなら20代といえます。

30代以降は未経験者は難しいです。
無理ではないですが、難しいことは覚悟されておいた方が良いかと思います。

プログラミングスクールの転職成功率

プログラミングスクールの転職成功率ですが、

転職成功率95%以上!

といったような実績が出ているプログラミングスクールが多いです。

大学中退後、未経験でプログラマーやITエンジニアへ就職・転職を目指す場合、には安心感のある実績です。

プログラミングスクールで教えてくれるのは、現役エンジニアが多いです。

そのため、実際に現場で必要なプログラミングスキルを考慮しながら指導をしてくれます。

過去の就職・転職支援実績も大きいでしょうね。

ちゃんと採用した人が活躍しているからこそ、さらに採用をしようという流れができているといえます。

プログラミングスクールで学んだ方は、プログラミングの基礎が身に付いていますし論理的思考が身に付いている、ということから全くの未経験で就職を目指すよりは断然、就職しやすくなっています。

よほど選ばない限りは転職は可能な状況といえます。

プログラミングスクールのデメリット

プログラミングスクールやプログラミングスクールで学ぶ場合、デメリットもあります。

ただ、デメリット以上にメリットが大きいといえます。

費用がかかる

プログラミングスクールの多くは費用がかかります。
(転職エージェントの利用がセットになっている無料のプログラミングスクールもあります)

スクールで学ぶ期間、言語などにもよります。

プログラミングスクールの中でも高額なコースになると50万円などもあります。
しかし、転職保証がついていたりもしますので、総合的に考えることが必要ですね。

転職すれば、元は取れる、といえば確かに取れるでしょう。

プログラミングスクールで有料の場合、20万円前後は費用を見ておかれると良いのではないでしょうか。

大学中退後、就職のためにプログラミングスクールを利用しようと思うと高額な費用がネックになりそうです。

その場合には、

⇒ GEEK JOB スピード転職コース

など無料のプログラミングスクールを利用されるのがおすすめです。

エンジニアは年収400万円以上で十分、転職が可能です。

また、スキルを身に付ければ将来的にフリーランスで年収800万円以上、年収1000万円以上も目指すことが可能です。

そうした高年収を何年も継続しやすいのがITエンジニア、といえます。

プログラミングスクールで学ぶ費用をどう考えるか、出せるかどうか、といった問題はありますが、自分への投資という意味では、長く見るとそこまで大きな費用ではないかもしれません。

努力は必要

プログラミングスクールは自分で学ぶ姿勢がとても大切です。

実際、プログラミングスクールを利用しても挫折してしまう人も、わずかですがいるようです。

理由は色々だと思いますが、やはり自分で調べて学ぶことが出来ない方には向かないと思います。

プログラミングスクールも手取り足取り教えてくれるわけではありませんし、そういう人は、もしプログラマーになっても仕事が続かずに辞めてしまうでしょう。

基本的には自分で進めていく中で、分からないことがあれば質問、という流れになります。

プログラミングスクールの種類

大学中退後、プログラマーやITエンジニアへ転職を目指す場合、全くの未経験で求人に応募するのはやはり難しいといえます。

求人サイトを利用して応募を続けることもできますが、人によっては書類選考で落ち続けてしまうことも考えられます。

確実にプログラマーとして就職したい、ITエンジニアになりたい。

そうした場合にはプログラミングスクールを利用して必要最低限のスキル・知識を学ばれることをおすすめします。

そのためのスクールとして、大きく2つ、

  • 無料のプログラミングスクール
  • 有料のプログラミングスクール

に分けることができます。

学ぶための費用が出せる方は、有料のプログラミングスクールも検討されるのも良いかもしれません。

用意されている言語のコースが多いです。

無料でも転職支援付きのプログラミングスクールもありますから、大学中退してお金がない方は、無料のプログラミングスクールを検討してみてはと思います。

それぞれのプログラミングスクールで、

  • 学習できる内容(カリキュラム)
  • 学習期間
  • 日々に必要な時間
  • サポート内容
  • 転職支援の内容

などが異なります。

しっかり確認された上で、利用されることをおすすめします。

プログラミングスクールを利用して学んだ方が、独学でプログラムを学ぶよりも効率が良いですし、転職活動も有利に進められます。

大学中退後、未経験でプログラマーやITエンジニアとして就職を目指すのでしたら、こうしたプログラミングスクールなどを利用する方法はおすすめです。

【無料】おすすめプログラミングスクール

大学中退後など、無料で未経験からITエンジニアへの転職を目指すプログラミングスクールには、次のようなスクールがあります。

GEEK JOB スピード転職コース

GEEK JOB スピード転職コースは完全オンライン対応で学べるプログラミングスクールです。

20代を対象としている受講料無料の転職コースとなります。

プログラミング・インフラを学べる転職コースです。

社会人経験あり向けのページですが、アルバイト継続2年以上の方でも利用可能です。

受講料無料なのは大きなメリットですね。

全国から利用してプログラミングを学ぶことができますが、就職先は東京都が中心、一都三県となります。

⇒ GEEK JOB ITエンジニア スピード転職コース(無料)詳細はこちら

【有料】おすすめプログラミングスクール

プログラミングスクールは有料のスクールが多いです。

その分、学べる言語も多くなりますので、目指す仕事内容に合わせてコースを選んでください。

学習内容、期間、就職先などを比較する必要があります。

スクール費用もかなり差があります。

払える金額かどうかも比較のポイントになると思います。
(分割払、クレジットカード払いができるところがほとんどです)

TechAcademy

自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール、TechAcademyです。

フロントエンドコース、Javaコースなどたくさんのコースがあります。

こちらでご紹介しているのは、プログラミング未経験から12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。
(エンジニア転職保証コース)

未経験からITエンジニアへの転職、キャリアチェンジ転職を目指すのでしたらエンジニア転職保証コースがおすすめです。

プログラマー求人は東京都が圧倒的に多いです。

未経験から就職を目指す場合には、やはり東京都を外すと難しくなりますね。

オンライン対応です。
地方の方でもしっかりとプログラミングを学ぶことが出来ます。

TechAcademyは無料体験もあります。
まずはこちらで試してみる、というのもおすすめです↓

いきなりお金を払うコースに申し込む(分割でも)のは不安、という方、TechAcademyのいずれかのコースを検討中の方はぜひ無料体験を試してみてください。

費用面、内容面でもTechAcademyをおすすめしたいと思います。

⇒ TechAcademy 無料体験はこちら

DMM WEBCAMP

未経験からITエンジニアへ転職成功率98%!

という高い実績のプログラミングスクール、DMM WEBCAMPです。

DMM WEBCAMPは教室に通いながらしっかりと学ぶスクールとなります。

3ヶ月のカリキュラムでしっかりとプログラミングを学びます。
最短3ヶ月でエンジニア転職、転職できなければ全額返金があります。
(返金の条件は公式サイトにてご確認ください)

学習のスケジュール例、就職先実績などはDMM WEBCAMP公式サイトでご確認ください。

・3ヶ月の通常コース
・4ヶ月の専門技術講座

2コースが存在しています。

この中で、4ヶ月コースは厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度の対象講座となります。

条件を満たすことで支払った教育訓練経費の最大70%が教育訓練給付金として支給されます。
(限度額56万円)

また転職できなければ全額返金保証付きです。
(30歳未満の方限定など条件をご確認ください)

本気でITエンジニアへ就職、転職を目指すのでしたらDMM WEBCAMPはおすすめのプログラミングスクールです。

⇒ 未経験からIT業界へ転職なら【DMM WEBCAMP】

大学中退後、プログラミングスクール経由でプログラマーとして就職

大学中退後、就職先としてIT業界を目指したい、といった場合。

プログラマーを目指す場合には、こうしたプログラミングスクールを利用すれば、未経験から就職しやすいです。

いずれのプログラミングスクールも非常に高い就職成功率となりますから、とても魅力的です。

大学中退してお金がない方も多いと思います。

その場合には無料のプログラミングスクールもありますので、検討はしてみてください。

人手不足もあり、未経験歓迎のITエンジニア求人はとても多いです。

就職を目指しやすい状況となっています。

ご紹介したプログラミングスクールで現役エンジニア、元エンジニアに教えてもらうことができますので、現場での仕事もイメージしながらスキルを身に付けていくことができるはずです。

大学中退後、未経験からプログラマーとして就職をを目指す際には、ぜひこうしたプログラミングスクールの活用をおすすめします。

⇒ GEEK JOB ITエンジニア スピード転職コース(無料)

-IT・WEB業界へ就職
-,

Copyright© 大学中退おすすめ就職サイト , 2020 All Rights Reserved.