未経験からエンジニアに転職

30代の就職

プログラミング未経験 30代でプログラマーに転職する方法

投稿日:

30代、未経験からプログラマーに転職するには

転職を目指す男性
30代でフリーターからプログラマーへ就職するのって無理?プログラミング未経験だけど目指したい!
プログラミング未経験、30代でプログラマーになることは可能なのでしょうか?

これから就職・転職を目指すなら将来性のある仕事に就きたい、ということでIT業界、プログラマーを目指す方も多いと思います。

結論をいうと、プログラミング未経験、30代でもプログラマーに転職することは可能です。

とはいえ、全くの未経験のままで採用してもらうのは難しいため、プログラミングのスキルを身に着けることが必要です。

プログラミングスクールで必要な言語のスキルを身につけてから転職を目指す方法がおすすめです。

30代はプログラミングスクールを利用してプログラマー転職を考える

未経験からプログラマーに転職

未経験からプログラマーへ異業種転職を目指す方も多いと思いますし、フリーターやニートからの就職にプログラマーを選んだ方も多いのではと思います。

IT・Web業界は数少ない成長企業といってよく、将来性のある仕事です。

人手不足ということは有名な業界ですし、学歴不問、未経験者採用に積極的な企業も多いです。

今の状況下では景気の悪い業界も多いですし、これからどうなるか分からない・・・といった不安がある企業も多いでしょう。

就職してすぐに勤め先が倒産する可能性。
20代でもリストラにあう時代です30代も安心してはいられません。

手に職をつける、といった意味でもプログラマーなどIT技術者としてこれから働いていきたい、と考える方は多いのではないでしょうか。

30代でプログラミング未経験、という状態からプログラマーとして転職するには、スキルを身に着ける必要があります。

独学だと、挫折します

それに転職するに足るスキルを身に着けるには、時間が足りません。

ですから、カリキュラムがしっかり組まれているプログラミングスクールで学び、スキルを身に着けてから転職を目指す方法が近道といえます。

プログラミングスキルを身に着けることができれば、将来的にフリーランスで活躍したり、転職をするときも有利です。

30代でプログラミングを学んでプログラマーに転職するために、おすすめしたいプログラミングスクールをご紹介します。

30代におすすめプログラミングスクール

未経験からプログラミングを学び、プログラマーに就職・転職するために役立つのがプログラミングスクールです。

注意したいのは、転職保証などが付くのは20代まで、というプログラミングスクールが多いことです。

30代におすすめプログラミングスクール、テックキャンプ

そうした状況の中、30代におすすめは、

テックキャンプ

です。

テックキャンプは30代の受講者が約3割であり、転職支援にも力を入れています。
(30代の方も就職支援を利用できます)

無料カウンセリングを受けて、不安や悩みをまずは相談してみることをおすすめします。

実際に転職成功率はどうなのか、自分の年齢で転職している方はどれくらいいるのか気になる方は多いのでは、と思います。

転職成功例を聞くことができれば、モチベーションも上がりますよね。

30代が多く利用して転職に成功しているプログラミングスクールは少ないといえます。

そういった意味でもテックキャンプは30代におすすめのプログラミングスクールです。

ぜひ、第一の選択肢として検討をおすすめします。

30代も利用できる、転職保証付きプログラミングスクール

30代以降は有料のプログラミングスクールを利用して、サポートを受けながらの求職活動がおすすめです。

(プログラミングスクールにより、転職サポートについて条件が異なりますので最新情報を確認してみてください)

おすすめは、先ほどもご紹介しましたが、

⇒ テックキャンプ
です。

他には、次のプログラミングスクールもおすすめです。

TechAcademy

TechAcademyには経験豊富な現役エンジニアが多く、必要な知識をしっかり学べます。

無料体験があるのもおすすめポイントです。

エンジニア転職保証コースはTechAcademy Pro(テックアカデミープロ)です。
こちらは32歳以下対象なりますので、注意が必要です。

それ以外のコースに関しては年齢制限はありません。

32歳以上の方は、受講後にTechAcademyキャリアを利用して転職を目指す方法があります。

テックアカデミーでプログラミングの学習を受講した生徒限定で、転職サポートが受けられるサービスのことです。

無料体験の際、こうした転職支援についても質問されてみてはと思います。

⇒ TechAcademy(無料体験あり)

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは転職保証(転職できなければ全額返金の制度)について30歳以上は要相談となります。

やはり年齢的に転職のハードルが上がりますので、保証が難しいということになるのでしょう。

気になる方は、無料カウンセリングで相談してから検討されると良いでしょう。

とはいえ、転職保証が付かなくても専属キャリアアドバイザーによる自己分析、面接対策、企業紹介などは受けられます。

転職支援は利用できる、ということになります。

30代の方がDMM WEBCAMPでプログラミングスキルを身に着けて、転職に成功した例もあります。

転職保証については要相談となりますので、まずは相談されることをおすすめします。

⇒ 未経験からIT業界へ転職なら【DMM WEBCAMP】

30代、未経験からプログラマーを目指すことは可能?

実際のところ、プログラマーになりたい、と思ったとして30代未経験からなれるのでしょうか?

結論をいうと、

難しいですが、未経験からプログラマーになるのは可能

です。

といっても、今の年齢によるところは大きいです。

年齢によって転職・就職の難易度は変わる

30代といても31歳の方もいれば、38歳、39歳といった方もいらっしゃるでしょう。

基本的には、IT業界への就職・転職は若い方が有利です。

あなたが今、30代前半ならスキルを身に着ければ十分に未経験からでも転職するチャンスはあるといえます。

30代後半なら、かなり厳しくはなるということは覚悟の上でプログラミングスクールで学び、求職活動をすることが必要です。

一定のスキルがあれば採用を検討してくれる企業はあるでしょうから、あとは入社後の仕事内容や待遇、といったことを考慮して考えることが必要です。

興味をもったプログラミングスクールに相談をしてみるのも有効です。

無料体験、無料カウンセリングなどを利用して、自分と同じ年齢やそれ以上の年齢で転職に成功した方がいるかどうか、といったことです。

プログラミングスクールを比較する際、情報収集はとても大切です。
決して安くはないスクール費用を支払うことになるのですから、遠慮せず、知りたいことを質問してみてください。

30代で未経験からプログラマーになるには

未経験からIT業界へ転職するには

30代で未経験からプログラマーになるには、スキルを身に着けてから転職活動をする必要があります。

全くの未経験状態のままで転職活動をしても、非常に厳しいです。

書類選考がまず通りません・・・。

時間をかけるだけ無駄、といった結果に終わる可能性が高いです。

未経験で採用されるのは20代まで。

スキルがあることを証明することが必要

30代で実務経験なしで転職を目指す場合、スキルがあることを証明することが必要です。

その方法の一つが、プログラミングスクールを修了することです。

⇒ テックキャンプ

⇒ DMM WEBCAMP

などのプログラミングスクールは転職支援が利用できますが、カリキュラムを終えているからこそ、転職を目指すことができます。

一定のスキルを身に着けているということを証明できるためです。

同時に、できればポートフォリオとして提出できるものを作成するとより転職に効果的です。

30代の場合、ポテンシャル採用を期待して応募するのは現実的ではありません。

そのため、30代で未経験からプログラマーに転職する方法としておすすめの方法は、やはりプログラミングスクールで学び転職活動をすることです。

希望の仕事に合わせたプログラミング言語を学ぶ

プログラマーといっても仕事内容が分かれます。

そのため希望する仕事に合わせたプログラミング言語を学ぶことが必要になります。

多くの方は、

  • フロントエンジニア
  • サーバーサイドエンジニア

どちらかを希望されているのでは、と思います。

それぞれの仕事に合わせたプログラミング言語を習得し、転職を目指すことが必要になります。

フロントエンジニアに必要な言語

フロントエンジニア開発に必要な言語としては、

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP
  • Python
  • Ruby

などがあります。

サーバーサイドエンジニアに必要な言語

サーバーサイドエンジニア開発に必要な言語としては、

  • Java
  • JavaScript(Node.js)
  • Ruby
  • PHP
  • Python

などがあります。

独学でもプログラミングを学べる?

プログラミングを学ぶ方法には、

  • 独学する
  • プログラミングスクールで学ぶ

という方法があります。

ぶっちゃけ、プログラミングスクールは費用がかかります。

20代なら無料で勉強して転職を目指せるスクールを利用する方法もありますが、30代は有料のプログラミングスクールを利用するしかありません。

料金が安いところでも、15万円ほどは見ておく必要があります。

とはいえプログラマーとして転職に成功すれば年収350万円~400万円以上で働くことができる企業も多いですから、決して高いとはいえないと思います。

すぐに回収できる金額、自分への投資として考えることができるといいですね。

プログラミングは確かに独学でも学ぶことはできます。

しかし時間がかかりすぎますし、挫折しやすいのでおすすめしません。

私も過去にプログラミングを独学で勉強しようと思い本を買い込んだ時期がありましたが、すぐに挫折しました・・・。

本を見ても分からない、解決できないことが山ほどあります。

一人では無理と思います。

エラーを解決するのに1日潰れることもありますし、数日エラーコードを解消できずに進まないこともあります。

未経験者が解決しながらスキルを身に着けていくのは、よほどの精神力が必要と言えるでしょう。

それにプログラミングのスキルを身に着けるために、どういった勉強をすればいいのかがよく分かりません。

この方法を続けていて良いのだろうか・・・と迷い始めたら挫折にまっしぐらです。

30代で未経験からプログラマーに転職する、という目的がある場合には、独学は時間を無駄にする可能性大です。

30代未経験者こそプログラミングスクールで学ぶのがおすすめ

プログラミングスクールで学ぶ

未経験からプログラミングスキルを身に着けるなら、最短距離でいけるプログラミングスクールで学ぶ方法がやはり良いでしょう。

初心者が働くために必要なスキルが身に付くカリキュラムが提供されています。

できる限り、プログラミング学習に挫折しにくいように考慮されています。

これまでにも多くの人が学び、改良されてきたカリキュラムといって良いですから、やり切れば確実にスキルが身に付きます。

プログラミングスクールで学ぶメリットには、メンターもあります。
現役エンジニアがメンターとしてサポートしてくれます。

分からない点を質問できますし、エンジニアとして働くための知識なども情報としてもらえるため、高いモチベーションを維持しやすいでしょう。

独学で真っ暗なトンネルを走っているような状況と比較して、出口に向かって頑張りやすいのがプログラミングスクールといえます。

ポテンシャル採用されやすい20代と比較すると、未経験30代でのIT転職は不利です。

少しでも転職成功の可能性を上げるために、プログラミングスクールを活用されることをおすすめします。

スクール生の体験談を見ていると、30代後半の方も未経験から転職に成功しているケースもあります。

30代 未経験からプログラマーになるためのおすすめプログラミングスクール

30代でプログラミング未経験からプログラマーに転職するための、おすすめプログラミングスクールを改めて最後にご紹介します。

テックキャンプ

オススメはテックキャンプです。30代の受講者が約3割ということです。

無料カウンセリングを受けて、不安や悩みをまずは相談してみることをおすすめします。

テックキャンプは30代の受講者が約3割。
転職支援にも力を入れています。
(30代の方も就職支援を利用できます)

無料カウンセリングを受けて、不安や悩みをまずは相談してみることをおすすめします。

実際に転職成功率はどうなのか、自分の年齢で転職している方はどれくらいいるのか気になる方は多いのでは、と思います。

転職成功例を聞くことができれば、モチベーションも上がりますよね。

30代が多く利用して転職に成功しているプログラミングスクールは少ないといえます。

そういった意味でもテックキャンプは30代におすすめのプログラミングスクールです。

ぜひ、第一の選択肢として検討をおすすめします。

⇒ テックキャンプ

TechAcademy

TechAcademyには経験豊富な現役エンジニアが多く、必要な知識をしっかり学べます。

無料体験があるのもおすすめポイントです。

エンジニア転職保証コースはTechAcademy Pro(テックアカデミープロ)です。
こちらは32歳以下対象なりますので、注意が必要です。

それ以外のコースに関しては年齢制限はありません。

32歳以上の方は、受講後にTechAcademyキャリアを利用して転職を目指す方法があります。

テックアカデミーでプログラミングの学習を受講した生徒限定で、転職サポートが受けられるサービスのことです。

無料体験の際、こうした転職支援についても質問されてみてはと思います。

⇒ TechAcademy(無料体験あり)

CodeCamp

未経験からIT/Web就職・転職を目指すエンジニア転向コースもあります。無料体験あり

⇒ CodeCamp

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは転職保証(転職できなければ全額返金の制度)について30歳以上は要相談となります。

やはり年齢的に転職のハードルが上がりますので、保証が難しいということになるのでしょう。

気になる方は、無料カウンセリングで相談してから検討されると良いでしょう。

とはいえ、転職保証が付かなくても専属キャリアアドバイザーによる自己分析、面接対策、企業紹介などは受けられます。

転職支援は利用できる、ということになります。

30代の方がDMM WEBCAMPでプログラミングスキルを身に着けて、転職に成功した例もあります。

転職保証については要相談となりますので、まずは相談されることをおすすめします。

⇒ 未経験からIT業界へ転職なら【DMM WEBCAMP】

まとめ

30代プログラミング未経験からプログラマーとして転職するための方法をご紹介しました。

一般的に言われるのは、未経験からプログラマーに転職できるのは20代まで、ということです。

しかし、スキルを身に付けることで30代でも転職を目指すことが可能になります。

その方法として、

  • 独学
  • プログラミングスクール

と2つの方法があります。

30代でプログラマーに転職する方法として、プログラミングスクールを利用する方法が現実的な方法と言えます。

その中でも、30代の利用者が多いテックキャンプをおすすめしています。

まずは無料カウンセリングを利用して、様々な疑問、不安を解消してみてはと思います。

⇒ テックキャンプの無料カウンセリングを利用してみる

-30代の就職
-,

Copyright© 大学中退おすすめ就職サイト , 2021 All Rights Reserved.