大学中退からWEBデザイナーとして就職

IT・WEB業界へ就職

大学中退 就職 デザイン(WEBデザイナー)の仕事に就くには

投稿日:

大学中退後、WEBデザインの仕事で就職するには

大学中退からWEBデザイナーとして就職したい

WEBデザイナーの仕事に興味がある、大学中退後の就職先としてWEBデザインを業務とする企業へ就職したい、という方も多いのではないでしょうか。

今ではインターネットでWEBサイトを公開してビジネスをするのが当たり前の時代。

WEBデザイナーに求められるスキルも複雑になってきていますが、クリエイティブな仕事として男性、女性からも人気の高いWEB関連の仕事の一つとなっています。

大学中退、未経験からWEBデザイナーとして就職するにはどうしたら良いでしょうか。

未経験からWEBデザインの仕事へ就職するための方法について、掲載しています。

大学中退からWEBデザイナーとして就職するには

大学中退、フリーターから未経験でWEBデザイナーとして就職することは可能です。

ただし予想通りに未経験可のWEBデザイナー求人は少ないですから、就職に関しては狭き門であることは覚悟しておいた方が良さそうです。

大学中退からWEBデザイナーとして就職するための主な方法として、ピックアップしてご紹介します。

WEBデザインの専門学校に通う

大学中退後、WEBデザイナーになるために必要なスキル・知識を身に付けるためにWEBデザインの専門学校に通う方法です。

1年間、2年間など通学期間によって学べるスキル・知識、かかる費用など異なりますが、独学で学ぶよりも効率良くWEBデザイナーのスキルが身に付きます。

ただし、専門学校に通ったからと行って必ずWEBデザイナーとして就職できる保障は無い、ということには気をつける必要があります。

なんとなく過ごしていたら、専門学校の年数はあっという間に終わってしまいます。
卒業時期を考えたら、就活もすぐにスタートとなります。

学校でスキルを学び、WEBデザインに慣れてきたら今はクラウドソーシングなどもありますので、完了出来そうな仕事を取り実績を作ることもオススメです。

どんなに簡単な案件であっても、実績がある事は就活でアピールポイントになりますし、実際に勉強して仕事(案件)を取って制作した、という流れを評価してくれる事は多いでしょう。

高卒以上可、未経験OKのWEBデザイン会社への就職を目指す

WEBデザイン会社の中には、応募条件を「高卒以上、未経験可」としている会社もあります。

未経験でも年齢、やる気、適性などで中途採用してもらえる会社はあります。

もちろん、WEBデザイナーを目指す以上は、就活中に独学で良いですから勉強して少しでもスキルや知識を身に付けることが大切ですね。

求人サイトを利用しても未経験OKのWEBデザイナー正社員求人を探す事も出来ますし、

⇒ 大学中退向け求人が豊富、おすすめ就職支援・求人サイト

などを活用しても、WEB・クリエイティブ関連の求人が見つかることもあります。

求人サイトを利用する場合もそうですが、WEBデザイン求人の割合は少なめですから、タイミングによっては上手く正社員求人が見つからない可能性はあります。

そうした事も理解して、就職活動に活用される事が大切かもしれません。

WEBデザイン関連のアルバイトで経験を積む

ゲーム開発やプログラマーも同様ですが、WEBデザインでもアルバイト経験を評価してもらえる会社は多いです。

正社員就職を目指す前にWEBデザイン関連の会社でアルバイトとして経験を積むのを先とする方法もあります。

正社員としての採用は未経験からはハードルが高いですが、アルバイトはそこまで難しくはありません。

ただし、住んでいる地域でWEBデザイン会社からのアルバイト求人がタイミングよく出ているか、といった面が問題になるかもしれません。

WEBデザイン専門学校に通うお金も時間も無い、といった場合には正社員就職を目指すか、アルバイトとして働いて経験を積む、といったことが有力な選択肢ではないでしょうか。

独学で勉強する事も、未経験からWEBデザイナーへの就職には重要

スキルや知識を必要とする仕事、WEBデザイナーなどへの就職を目指すと決めたら、独学で良いですから勉強する事はとても大切ですね。

幸いWEBデザインについてはネットで検索をすれば様々な情報を得ることができます。

それこそ、WEBデザインの事例、ランキングにて掲載しているサイトも多いですし、過去の素晴らしいWEBデザインをまとめている、まとめサイトなどもあります。

コーディングについても情報がありますし、WEBデザインに必要なツールを知る事も出来ます。

独学で可能な限り情報を集め、学び実践できることはしてみる。

他の就職希望者も多くこうした事をしていると思いますので、やらなければ大きな差がつく、とも言えます。

WEBデザインの仕事は、未経験OKの正社員求人も見つける事が出来ます。

就職活動の際には、専門のスキルが全く無い完全な未経験者、独学でも学んでいる未経験(ポートフォリオあり)であれば、後者の方が就職に有利なことは間違いないでしょう。

HTMLやCSSの基礎は必須です。

その上で、Photoshopやillustratorのソフトが使えることはアピールできます。

さらにはJavaScriptなど技術・知識があるとかなりアピールポイントが高くなります。

今だと、WordPressを利用してコーポレートサイトなども多く作成されていますので、触れると良いかもしれません。

WEBデザイナーとしての就職を目指す際には独学であっても学ぶ事は大切、といえますね。

WEBデザイナーになるために有利な資格

WEBデザイナーになるためには必須の資格は特にありません。

資格無しで活躍されているWEBデザイナーの方はとても多いです。

しかし、大学中退後、未経験から就職を目指す際には、資格取得はアピールになりますしスキルを持っている証拠にもなります。

そういった意味でWEBデザイナーになるために有利な資格の取得を目指すことはオススメです。

  • WEBデザイン技能検定
  • アドビ認定試験制度
  • Illustratorクリエイター能力認定試験
  • Photoshopクリエイター能力認定試験

などがあります。

大学中退からWEBデザイナーになるには

大学中退からWEBデザイナーとして就職することは可能です。

しかしWEBデザイナーは人気の職種。

大学で学び目指す方もいますし、WEBデザイン専門学校で学び新卒、中途で就職を目指す方も多いです。

そうした人達とも競う事になりますから、就職は簡単ではないですね。

そのため、独学で良いですからWEBデザイナーに必要な知識、スキルを学ぶ事はとても大切です。

就職活動では、自分で作成したWEBサイト、ポートフォリオなどを提出できる上他院にしておくとアピールになりますので、ベストと言えます。

-IT・WEB業界へ就職
-,

Copyright© 大学中退おすすめ求人サイト , 2018 All Rights Reserved.