30代フリーターから正社員就職

30代の就職

30代フリーター就職支援

投稿日:

30代 フリーターが正社員になるための就職支援サービス

30歳を機に本気で就職を目指そう、という方も多いと思います。

多くの就職支援サービスは29歳までがサポート対象年齢ですが、中には35歳まで利用可の就職支援や求人状況によって30代でも求人紹介が可能といった就職支援サービスもあります。

そうした30代フリーターの方も正社員求人の紹介を受けられる就職支援サービスをご紹介しています。

空前の人手不足により売り手市場とは言われていますが、30代フリーターの方が自力での就職活動で内定獲得するのは簡単ではありません

就職活動に挫折、心が折れてしまうとニートになってしまったり、そのまま居心地が良いからと40代フリーターになってしまう可能性もあります。

30代は正社員を目指せるギリギリの年代といって良いでしょう。

ご紹介しているような30代フリーターOK就職支援サービスを活用して、内定をぜひ獲得してください。

30代前半 職歴なしフリーターでも就職できる方法

今までに正社員として就職した経験が無い30代フリーターの方も多いと思います。

30代前半と30代後半では利用出来る就職支援サービスが変わってきますので、分けてご紹介したいと思います。

就職活動をして、内定獲得までのスピードなどを考えると民間の就職支援の方がおすすめです。

34歳、35歳といった方はギリギリで利用出来る民間の就職支援サービスがあります。

ぜひ、就職相談をしてはと思います。

30代フリーター就職支援

民間の就職支援サービス

30代前半フリーターの方が利用出来る就職支援サービスです。

それぞれ対応エリアが違いますので、お住まいの地域に拠点がある就職支援をまずは利用することをお考えになってみてください。

電話のみでのサポートというところは少なく、基本的には店舗、面談会場に行ってキャリアカウンセリングを受けてから求人紹介、となります。

いずれもフリーターに特化している就職支援サービスですから、フリーター歓迎、職歴なし社会人未経験OKの正社員求人を多く所有する人材紹介会社です。

DYM就職

DYM就職

DYM就職は正社員就職を目指す35歳までの方が利用可能な就職支援サービスです。

就職相談からの成功率96%という高い成功率が特徴です。

DYM就職では、書類選考なしで面接を受けることが出来ます。

事業所は東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、福岡にあります。

面談会場は時期によって変わりますので、公式ページをご覧になってみてください。

2019年9月20日の時点では、

  • 東京本社
  • 横浜
  • 池袋
  • 立川
  • 秋葉原
  • 大宮
  • 船橋
  • 札幌
  • 仙台
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 広島
  • 福岡

が就職支援サービスを申込み可能な地域となっていました。
(最新の就職支援サービス、利用状況に関しては公式ページでご確認ください)

⇒ DYM就職 詳細はこちら

就職shop

就職shopはリクルート系列の正社員就職を目指すフリーターなど、若手人材向け就職支援サービスです。

リクルートエージェントが有名ですが、こちらは社会人経験ありを対象としていますので、フリーターの方は就職shopを活用してください。

就職shopを利用するにあたり、年齢制限はありません。
30代の方も利用可能です。

ただし、扱っている求人の多くは20代向けとなりますので、状況によっては30代の方は紹介できる求人が無い可能性はあります。

とはいえ、就職shopの大きな特徴でもありますが利用している企業が業界トップクラスに多いです。
豊富な求人を持つ事から、30代前半フリーターの方であれば求人紹介を受けられる可能性は高いと言えるでしょう。

就職shopの店舗は、

東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都

にあります。

⇒ 就職shop 詳細はこちら

行政の就職支援サービス

年長フリーター、高齢フリーターの就職は社会問題ともなってきていますので、行政も就職支援サービスを提供しています。

併用して利用することも可能です。

東京しごとセンター【ミドルコーナー】

公益財団法人東京しごと財団より受託したパソナが運営する就職支援サービスです。

東京都から委託を受けており、東京しごとセンターミドルコーナーは、

  • 専任の就職支援アドバイザーによるキャリアカウンセリングやセミナー
  • 対象者別プログラム等を通じたよりきめ細やかな就職支援

を行っている特徴があります。

30~54歳までを対象としていて、サポート可能年齢は他と比べて非常に幅があります。

30代後半フリーターの方も相談してみてください。
派遣や契約社員から正社員としてキャリアを変えたい方の相談も可能です。

東京で就職をお考えの方が対象となります。

⇒ 正社員未経験大歓迎!利用はすべて無料!東京都内での就職なら!【ミドルコーナー】

わかものハローワーク

わかものハローワークは「おおむね45歳未満で正社員での就職・転職を希望されている方向けのハローワーク」です。

実際に求人情報を探すことが出来ます。

就職面接会や仕事発見フェアといったイベントも実施されるため、意外と役に立った、という感想も多いのが「わかものハローワーク」です。

全国にありますので、民間の就職支援が無い地域の方でも利用して就職活動ができる、ということが最大のメリットでしょう。

⇒ 厚生労働省 わかものハローワーク・わかもの支援コーナー一覧

ジョブカフェ

ジョブカフェは都道府県が主体的に設置する、若者の就職支援をワンストップで行う施設です。

対象年齢は、主に15歳~34歳までとなります。
(ジョブカフェによって対象年齢が異なります。44歳までといったところもあります)

ハローワークを併設しているジョブカフェであれば、連携して求人紹介を受けることが出来る場合もあります。

わかものハローワークと同様に、ジョブカフェも全国にあります。

⇒ 厚生労働省 ジョブカフェにおける支援

34歳、35歳フリーターも利用出来る就職支援

30歳を超えると、このように利用出来る就職支援サービス自体が減ってきてしまいます。

その理由は、30代のフリーターを積極的に中途採用しようという企業自体が激減するためです。

多くの就職エージェントに話を聞きましたが、

求人があるのなら30代も就職支援サービスを展開したい!

という話はされていました。

つまり、ほとんどが20代向け求人なので30代は支援が難しい・・・ということになります。
だから事業として出来ない、というわけです。

そのため、ご紹介したような30代も利用可能な就職支援サービスは希少ともいえます。

それでも確実に求人を受けられて就職できるかは、実際に利用してみないと分からない、といった部分はあります。

とはいえ自力での就職活動も非常に厳しいですから、利用出来るものは全て利用する!といった気持ちで就職活動をされるのが良いのではないでしょうか。

30代前半の方は、

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

などをご活用になってみてください。

30代後半フリーターが就職するには

36歳以上、30代後半フリーターの方は民間の就職支援は利用は難しくなります。

そのため、利用するのであればより年齢が高い方もサポートしてもらえる、行政の就職支援サービスが中心になるでしょう。

東京都で就職をお考えであれば、東京しごとセンター【ミドルコーナー】。

他には、わかものハローワーク、ジョブカフェもご紹介しました。

地域によっては、他にも30代、40代向けの就職支援サービスがある場合もあります。

情報収集から始められてみてはと思います。

-30代の就職
-,

Copyright© 大学中退おすすめ就職サイト , 2019 All Rights Reserved.