大学中退からIT業界へ就職

IT・WEB業界へ就職

大学中退 IT業界への就職がおすすめな理由

投稿日:

大学中退 IT業界への就職がおすすめ

大学中退者の就職先としておすすめ、と言われる職種はいくつかありますが、モノ作りが好き、コツコツ積み上げる作業が好き、デスクワークで働きたい、といった場合にはIT業界、エンジニア職が向いているかもしれません。

ITエンジニアは現場で学歴を問われることはほとんどありません
というか、聞かれた事はありませんしハンデになることは一切無いと良いでしょう。

中途採用の選考や面接でも特に学歴で不利になることは無いといえます。

大学中退から目指せる仕事の中では、将来性もあり、スキルアップにより転職での年収アップも可能です。

男性エンジニアが確かに多いですが、女性エンジニアもかなり増えてきてきます。

大学中退した女性の就職先としてもITエンジニアはおすすめです。

大学中退者がIT業界、プログラマー求人などを探すための就職サイトについてもご紹介しています。

大学中退者はIT業界へ就職しやすい?

大学中退者、ITエンジニアへの就職は難しい?
大学中退した後、正社員になるために就職活動をする方も多いと思いますが、どの業界・職種を目指すかで就職の難易度が変わってきます。

内定獲得にはとてもハードな職種もありますし、大学中退フリーター歓迎、高卒可で内定が出やすい職種というのも比較的あります。

ただ当たり前ですが、どんな仕事でも良いという訳ではなく少なくとも興味のある仕事、適性のある仕事でなければ就職してキャリアを長続きさせるのは難しいです。

下手をすると、

「やっぱりやりたい仕事では無い。この会社、辞めたい・・・」

と、早期退職をしてしまう可能性すらあります。

大学中退者が就職しやすい仕事としてオススメに挙がることが多いITエンジニアですが次のような人には特に向いている仕事になると思います。

ITエンジニアに向いている人

例えば、次のような人はITエンジニアに向いている可能性が高いです。

・プログラミングが好き
・モノづくりが好き
・効率化に興味がある
・コツコツ積み上げる、地道な作業が好き
・勉強、知らない事を知るのが好き
・素直
・トライアンドエラーを継続できる
・最低限のコミュニケーションが取れる

ITエンジニアの仕事は地味な作業の繰り返しといえます。

また、一人で黙々と仕事をするというイメージがある方もいるかもしれませんが、チームでプロジェクトにあたることが多いため、コミュニケーションは必須です。

といっても、最低限のコミュニケーションが取れれば仕事は成り立ちますから、結構変わっている人も現場にいることも事実です。

一度で完璧なプログラムなどは天才以外には組めないといって良いでしょう。
エラーを潰す作業を繰り返すことになります。
そのため、地道にコツコツとトライアンドエラーを繰り返すことが出来る人は、とてもエンジニアに向いているといって良いでしょう。

こうした事は学歴は関係無いですから、それもあってITエンジニアは大学中退フリーター・ニートの方も就職先として選ぶ方が多いのでしょう。

ITエンジニアは学歴が関係無いので、コンプレックスを持つ必要なし、というところもポイントです。

20代後半のフリーターといった方もITエンジニアとして就職されています。

大学中退 IT業界への就職がおすすめな理由

大学中退者にITエンジニアはおすすめの仕事
大学中退者におすすめの業界・職種はいくつかありますが、その中でもIT業界、ITエンジニアもおすすめの仕事といえます。

その理由をご紹介します。

学歴不問、高卒以上可、未経験者歓迎のエンジニア求人が多い

ITエンジニアは人手不足です。

ずっと以前からも人手不足と言われてきていますが、さらに人手不足が深刻化する予想がなされています。

経済産業省の資料によると、IT人材不足は、2020年に約37万人。
さらには2030年には約79万人不足すると予測されています。

そんなに本当に不足するの?ということも思うのですが、ここまでひどく人手不足にはならなくても、エンジニア不足は間違いないと言って良いでしょう。

特に中小企業では様々な職種のエンジニアが不足しています。

そのため、以前より20代であれば未経験の中途採用に積極的な企業が多いのがIT業界なのです。

学歴不問(といっても高卒以上がほとんどです)、20代前半ならかなり就職しやすいといえます。

20代後半でも人物重視、ポテンシャル採用してもらえる可能性は十分あります。

高卒・大学中退でも努力次第でITエンジニアとしてキャリアアップが可能

現場では「どこの大学出身?」と聞かれることはないでしょう。

「どんな言語使えるの?」

「この技術、分かる?」

といったことは聞かれます。

プロジェクトごとに協力会社も含めて様々なエンジニアが集まることが多いので、出身地なども最初に話題になることも多かったです。

エンジニアは能力次第でどんどんステップアップしていけますし、抜擢されていく業界といえます。
(ただし、正当な評価をしてくれて見合ったプロジェクトがある開発会社で働いていることが大切です)

自分で勉強してスキルアップしていける人には、向いている仕事といえるでしょう。

ITエンジニアは大学中退もスキルアップして高年収を目指せる

ITエンジニアの平均年収はいくら位なのでしょうか。

正社員就職を目指す時、いくら稼げるかはやはり気になるところです。

いくら好きな仕事でも、年収150万とかだったらフリーターの方がマシ、とか思ってしまうかもしれません。

大手転職エージェントのdoda(デューダ)によると、技術系(IT/通信)職種の平均年収は456万円。
生涯賃金は2億5398万円となっています。

ITエンジニア平均年収

SE/プログラマの平均年収は、428万円となっていますね。

日本人の平均年収は441万円といわれていますので、これだけを見ると平均年収を下回っていますがスキルを身に付けて転職をすることで年収アップを狙う事は十分可能です。

フリーランスのエンジニアとして活躍、高収入を得ている知り合いもいます。

誰にでも実現可能とは言いませんが、継続して努力が出来るエンジニアの方は高年収を得る道はあるといえます。

将来性がある

ITエンジニアは人手不足です。

解消のために、小学校からプログラミング授業が取り入れられるほどです。
(小学生からプログラムを組む、というわけではなく論理的思考をはじめ下地を作ることが目的の一つと言えます)

AI技術を筆頭に、エンジニアが必要とされる領域は今後もどんどん変化していくと思いますが、圧倒的に人手不足ですし活躍の場が無くなる事は無いといえるでしょう。

事務職は人気の職種ですが、どんどん仕事が減ってきています。

そうした仕事が減り、職種自体が無くなるのではと言われるような職種と比べて、ITエンジニアは将来のある仕事だといえるでしょう。

大学中退者向けITエンジニア求人が見つかる就職サイト

大学中退した後、IT業界へエンジニアとして就職を目指したい場合、就職支援もパッケージされているプログラミングスクールで学ぶ、という方法もあります。

本気でエンジニアとして就職を目指す場合、言語を選択して基礎を学ぶことが出来るので費用を出せる方にはオススメの方法です。

しかし30万も40万もスクール費用を出すのは難しい・・・という方も多いのではないでしょうか。

ITエンジニア求人は本当に多いので、職歴なし未経験からでも就職を目指す事は可能です。

あなたの状況に合わせて、就職までの道のりを考えることが出来ます。

大学中退おすすめ就職サイト

でもご紹介している中で、ITエンジニア求人の職種紹介比率が多めの就職支援サイトとしては、

⇒ ハタラクティブ

⇒ 就職shop

⇒ DYM就職

などがあります。

こうした就職支援サイトを利用するメリットは、求人先の企業の詳しい情報を得られることです。

エージェントの担当者が直接企業に足を運んで情報収集しているため、求人票に掲載されている以上に詳しい情報を教えてもらい、応募を考えられるのはメリットといえます。

もちろん、面倒な企業との調整も代って行ってくれますし、面接対策などもサポートしてもらうことが出来ます。

-IT・WEB業界へ就職
-,

Copyright© 大学中退おすすめ就職サイト , 2019 All Rights Reserved.