大学中退後の面接

20代職歴なし仕事探し

職歴なしニート 27歳は就職できない?

投稿日:2020年8月11日 更新日:

27歳職歴なし、ニート・フリーターは就職できない?

フリーターやニート歴が長くなっている27歳職歴なしの方も多いと思います。

普通に就活しても書類選考にもなかなか通過出来ず、就職するの難しいかな・・・と気持ちが落ち込むことも多いかもしれません。

コロナの影響でアルバイト先から首になり、慌てて就職活動をスタートしたフリーターの方もいるかもしれませんね。

30歳を前に、そろそろ正社員として就職しないと・・・という焦りもあるかもと思います。

やりたい仕事もなかったし、なんとなくフリーターやニート生活を続けてきたけれど・・・もう20代後半。
もうすぐ誕生日がきて28歳、さらには29歳、あっという間に30歳になりそう。

「職歴なし未経験から就職しやすいのは20代まで」と言われることが多いし、さすがに就活しないとマズいかも・・・

職歴なしであっても27歳ならまだ正社員就職を目指すことは十分可能です。

20代後半の方も多く利用して正社員就職に成功している就職支援サービスがあります。

ニートは就職できない?と思っている方へ。ニート歴がある方におすすめ就職支援サービス

ニート歴がある方の就活は厳しくなることが多いです。

そこで活用をおすすめしているのが、ニート向け就職支援サービスです。

記事中でご紹介しているのは、以下のサービスとなります。

ニート就職の実績多数!

サポートの手厚さでいうと、ウズキャリがおすすめです。
他社の数倍のカウンセリング時間、サポートの手厚さには定評があります。

複数の就職支援サービスを利用してみると、自分に合った就職支援を比較しやすくなります。

ニート脱出のために、こうした就活支援サービスを利用してみる方法をおすすめしています。

就職できないニートの方も多く就職に成功しているエージェントです。

27歳、20代後半の間に正社員就職した方が良い理由

27歳職歴なしニート

27歳職歴なし。

高卒の方であれば約10年の期間、大学卒業の方であれば5年など、職歴なしの期間が長くなるほど、就職は難しくなっていきます。

だからといって正社員としての就職を諦めるのは早いですし、諦めてはいけないですよね。

就職自体が厳しくなってきている

コロナの影響によって有効求人倍率が下がってきています。
それだけ就職先が減っているということを意味します。

そしてフリーターの需要が多かったアルバイト、飲食業界やレジャー、テーマパークなどは求人が激減しています。

倒産・廃業も多いですから、働き口自体が減ってきている状況です。

ちょっとお金が足りなくなってきたら単発日払いバイト、といったことも以前はできましたが今は日払いバイトも減ってきています。

やりたい仕事が特になかったからフリーター、といった方はやりたい仕事を探して、というよりも働ける仕事に就いて面白さややり甲斐を探す、といった考え方にシフトする必要もあるかもしれません。

同じようにフリーターから正社員になりたい方、ニートを脱出して正社員を目指す方、勤務先が倒産・廃業して転職先を探している方、以前よりもライバルは増えているといって良いかもしれません。

多くの人が正社員としての就職口を探しています。

27歳という年齢を考えた場合、あまりのんびりしている時間は無いといって良いのではないでしょうか。

内定を得られるチャンスを逃さないように、就職活動は早めにスタートされることをおすすめします。

30歳を超えると社会人未経験の採用需要が激減する

20代の間に正社員就職を

未経験から就職を目指しやすいのは20代の間です。

未経験歓迎の求人の多くは、20代向けとなっています。

30代以降になると、企業は中途採用に関しては即戦力の採用を求める傾向が強くなります。

マネジメント経験必須の求人も増えてくる年代です。

30代で職歴なしフリーター・ニート、となるとビジネスマナーや社会人としての基礎から研修をするといったことも必要になるため、採用した場合、企業の負担が大きくなります。

わざわざ30代の未経験者を採用するのであれば、20代を採用して育てた方が良いと考える企業は多いといえます。

全く就職先がない、ということではありませんが30歳を超えて職歴なし未経験から正社員就職を目指す場合、職種はかなり制限されることを受け入れる必要があります。

30代、40代とフリーターや非正規社員、ニートでいた場合には人生詰む可能性が高くなってしまうといって良いでしょう。

職歴なし、社会人未経験から就職を目指せる20代後半の間に、正社員就職を目指すことが大切です。

27歳を区切りとして応募可能な正社員求人も少しずつ減ってきます。

28歳、29歳と比べてもまだ求人が多い27歳の間に正社員として就職できるように就活をされることをおすすめします。

27歳職歴なしニートでも就職できる?

27歳ニート、職歴なし。

といった状況の方でも、就職はできます。

もちろん、新卒や第二新卒といった採用ニーズの高い年代と比べると、就職は厳しめといえますが、それでも就職が無理、といった年齢ではありません。

27歳はまだまだ若手、未経験であっても将来性、伸びしろを買って採用してくれる企業は多いでしょう。

30代、職歴なしの方でも就職ができる今の時代、27歳職歴なしニートからの正社員就職は十分に可能です。

ただし、就職活動のやり方によっては、書類選考で落ち続け、面接がどうしても突破できずに内定が貰えない・・・

といった可能性もあります。

27歳職歴なしニートから正社員就職に成功するには、サポートを利用して就職活動をするのがポイントです。

ニート向け就職支援サービスというと、

  • サポステ
  • ジョブカフェ
  • ニート向け就職エージェント

などがあります。

一般的な求人サイトは、ニート歴が長い人には厳しいでしょう。

ニートは就職できない?

ニートは就職できないのでは・・・?

と不安になっている方もいるかもしれません。

今から就職活動の面接で、

「どうしてニートになったの?」

「どうして今まで就職せずにニートでいたの?」

「今まで何していたの?」

など、どんな質問がされるのだろう・・・といった不安を抱いている方も多いのでは、と思います。

ニートだから就職できない、といったことはありません。

実際、この記事中でご紹介している就職支援サービスを利用して、多くの職歴なしニートの方も正社員就職に成功しています。

しかし、その一方で就職できないニートの人もいます。

就職活動のやり方を間違えないことが大切です。

一人で就活をすると、やり方を間違えていても修正が利かないことが多いため、就職支援サポートを利用しての就活をお勧めしています。

就職できない若者は増えている

この数年、若者の就職活動が難しくなっています。

インバウンドもあり好調だった業界が一転して大不況となっている状況が続いています。

就職活動を始めた矢先に、状況が変わり書類選考すら通らなくなってしまい、就活に絶望してしまった、という方もいるかもしれません。

内定取り消しをされて、それから就活が壁にぶつかったまま、という方もいるかもしれません。

若年層の非正規雇用率が高くなっているという状況もあります。

正規雇用を目指しているものの、なかなか内定が貰えない。

そうした状況に陥っている若者が増えていると言われます。

ニート歴が長いと社会復帰は無理なのか

ニート歴が長いと、社会復帰は無理とは言いませんが、かなり難しくなるのは事実です。

空白期間が長い人材に対して企業が抱くイメージはネガティブなものです。

  • 就労意欲が低い
  • 就職できなかった人材ではないか?
  • 採用した後、仕事で壁にぶつかったらすぐに辞めるのでは?
  • 職場に馴染めるのだろうか?
  • 長く働いてくれるのだろうか?

など。

書類選考も通過しなくなりますので、就活をしたとしても挫折することも多いのです。

またニート歴が長くなってくると、本人としても外に出て、他人とコミュニケーションを取るのが億劫になってくるケースが多いです。

会話の仕方を忘れてしまった・・・どうコミュニケーションを取っていけばよいか不安、といった傾向が強まっているのでは。

ニート歴が長くなればなるほど、社会復帰は難しくなっていくようです。

ニートの社会復帰は何からすると良い?

ニートから正社員就職して社会復帰を目指す場合、何から準備すると良いのでしょうか。

準備することとしては以下が挙げられるでしょう。

  • 自己分析
  • これからのビジョン、キャリアを考える
  • 生活習慣を朝方に切り替えていく
  • 少しずつ外に出る

自己分析をする際、

  • ニートになった理由
  • ニートの間していたこと
  • どうしてニートを脱出しようと思ったか

などもしっかり自分と向き合って文字に表すことが重要です。

というのも、面接で質問されることが多い事柄だからです。

面接官から質問された際に、しっかりと答えられるようにするための準備にもなります。

一人でこうしたことを準備するのが不安、やり方が分からない、といった場合にはサポートが手厚い就職支援サービスを利用する方法もおすすめです。

例えば、

ウズキャリ

は他社に比べて手厚いサポートが売りです。

「ウズキャリ」の拠点は、東京と横浜、大阪の3カ所です。

東京、大阪、名古屋、福岡といったエリアの求人に強いです。

名古屋、九州については電話・メール・Skypeなど利用しての遠隔サポートとなりますが、対応してもらえるようです。

ニートに就職は無理?と言われたら

ニートに就職は無理?

ニートに就職は無理、といった話もあります。

確かにニート歴が長く、一度も就職しないまま無職で40代、50代と年齢を重ねてしまったら就職は無理かもしれません。

しかし、年齢がまだ20代であれば就職できる可能性は十分にあります。

30代でニートという方も、行動をすれば就職はまだ間に合います。

年齢が上がる分、就職先の選択肢は減ってきてはしまいますが、未経験OKの求人を選び、粘り強く就活を続けていくことで仕事を決めることができるでしょう。

職歴なしニートの就職活動の方法としては、この記事でもご紹介をしていますが、一人の就活は難しいため利用できるサポートは使う、という姿勢でいくのが良いと思います。

複数利用して仕事探しをするのがポイントです。

求人情報は多く得た方が良いというのと、担当者によってはあまり熱心にサポートして貰えない可能性も残念ながらあるためです。

ニートから就職を目指す場合には、情報は多く持つことが必要です。

そのためには就職エージェントも複数利用がおすすめとなります。

職歴なし27歳、フリーター・ニートから就職する方法

職歴なし27歳から目指す就職先としては、人手不足の業界・職種を狙うことが内定獲得のためには重要となってきます。

人気の高い業界・職種の場合には、応募者も多く中途採用となれば即戦力の応募も多いでしょう。

わざわざ社会人未経験者を採用する理由が無いと言えます。

未経験者であっても採用の需要が高いのは、やはり人手不足の業界・職種です。

例えば今であれば、

  • IT業界
  • 介護
  • 運輸

といった業界でしょうか。

飲食なども今までは未経験者の採用需要が高かったですが、倒産・廃業も増えているため急激に求人が減少しています。

27歳職歴も資格もない人が正社員就職を目指す場合、人手不足で需要がある業界を狙うことで内定率を上げることが出来ます。

27歳職歴なし、おすすめはIT業界

転職先でも密を避けた働き方をしたい、ということも考えた場合には転職先も限られてきます。

介護業界も元々体力的に大変、給料が低い、といったことから敬遠されることが多かった業界です。
やり甲斐のある仕事だとは思いますが、なり手不足が深刻な状況は引き続きとなっています。

27歳職歴なし、今から就職を考えた場合、将来性も含めてIT業界を目指すのがおすすめです。

企業によりますがリモートワークの導入にも積極的です。

国内のIT人材は、2020年には36.9万人、2030年には78.9万人不足する

といわれています。

今でも人手不足の状況なのに、将来さらに人手不足となると予想されているためにIT企業の多くは未経験者を採用することに積極的です。

さらにIT業界をおすすめする理由は学歴不問、スキルがあれば就職時に経歴もそれほど気にされないことも多いです。

27歳で全くプログラミングスキルが無いと就職は厳しいことも多くなりますので、エンジニアスクールなどを利用してプログラミングを学び、就職を目指す方法がおすすめです。

大学中退、未経験からITエンジニア、プログラマーになりたい方向けプログラミングスクールもご紹介しています↓

関連記事

大学中退からプログラマー 求人を探す

大学中退からプログラマーになるための求人を探す方法、プログラミングを勉強するにはどうしたら良いかをご紹介しています。

ITエンジニアは手に職もつけることができますし、将来的にフリーランスになって高年収を稼ぐ道などもあります。

27歳から就職を目指す場合におすすめの仕事の一つと言えます。

27歳ニート職歴なしの就活は、就職エージェントを利用する

就職に成功するには、就活準備をしっかり行うことが大切です。

それも間違えた方向ではなく、応募した企業が評価してくれる履歴書や職務経歴書を書き、面接対策を行わなければなりません。

今の時代、ネットでも十分情報を集めることは可能です。

しかし、それを自分に当てはめたときにズレていることも結構、多いんですね。

職務経歴書の書き方はたくさん事例、サンプルが見つかります。

でも、ニートの職務経歴書はどうすればいい?
と思って探しても、なかなか欲しい情報が出てこない、といったことはあると思います。

27歳ニートが就職する際に厳しい評価となるのは、職歴が無いこと。

空白期間です。

就職エージェントを利用した場合には、このマイナス評価を受けやすい、職歴なし、空白期間をカバーするように人物評価をしっかり伝えてくれたり、仕事への熱意を伝えてくれます。

そもそもニート向け就職エージェントの中には、書類選考なしで面接、といったところもあります。

ニートが苦戦する理由である職歴なしをカバーして就活ができるということが、就職エージェントを利用する大きなメリットです。

27歳職歴なしフリーター・ニートが就職するには

エンジニアスクールに通っている時間がない、といった方もいると思います。
その場合には、就職エージェントを通じてITエンジニアの採用をしている企業を紹介してもらう方法があります。

また自分はITエンジニアには向いていないと思う、という方もいるでしょう。

その場合、様々な業界・職種の求人を取り扱う次のような就職エージェントを活用する方法で正社員就職を目指すことができます。

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoは経験・学歴不問でフリーター、ニート、中卒、高卒、大学中退といった方で就職を希望される方のサポートを行っています。

過去に22,500人以上の支援実績があり、うち10,000人以上は職務経験無しの人達です。

非常に多くの職歴なし未経験者の就職支援実績がありますので、ぜひ就活に活用されてみてはと思います。

⇒ 第二新卒エージェントneo

ハタラクティブ

ハタラクティブを利用して就職に成功した人の3人に2人が正社員経験がない未経験者。

様々な業界・職種の企業で就職決定されています。

ハタラクティブでは大手企業から優良企業、一般的な知名度は低くても長く安定して働きやすい企業など、人物重視で採用を行っている企業からの求人を紹介してもらうことができます。

非公開求人も多いので、まずはご登録の上で相談してみることをおすすめします。

⇒ ハタラクティブ

就職できないニートから脱出するには

就職できないニートから脱出して正社員になるには、ポイントを抑えた就職活動をすることも大切です。

未経験でもOKの求人を狙って応募する。
人手不足の業界、職種を狙う。
志望動機を明確にする。
ニートが確実にされる質問に対しての答えを準備する。

他には、朝方生活に切り替えて、行動量を増やす(求人への応募数を増やす)なども大切です。

ニート期間が長くなっていると、就職に対して自信が持てない方もいるかもしれません。

しかし、必ず正社員就職できると考えて就職活動を続けることが、内定獲得のために特に大切と言えます。

ご紹介したニート向け就職エージェントを活用される方法も、ぜひ検討してみてください。

実際にニート歴が長い方の就職実績もありますから、事例として情報を聞いてみても良いでしょう。

大学中退後の就職活動に役立つ就職サイト

大学中退後の就活、やり方に迷っていませんか?未経験OKの求人に応募しているのに書類選考に通らない・・・と困っている方へ。

早く就職先を決めたい方にもおすすめです。

ぜひ登録をして就職活動のサポートを利用してみてください。

-20代職歴なし仕事探し
-

Copyright© 大学中退おすすめ就職サイト , 2022 All Rights Reserved.